『てげてげ』の保存版です.
低下低下=てげてげ
『てげてげ』 の目次
「てげてげ」は薩摩弁.意味は「適当,大雑把,いい加減,アバウト.」
2013/03/31(日)2    鷲流の生活の知恵
空気洗い
シャツが干してある。その横には、ツツジの花が咲きはじめている。
写真は、鷲の志布志事務所の裏庭でR。
干してあるシャツは、ジョギングで汗びっしょりになったヤツ。
ここで問題。
なぜ? 汗でビッショリ濡れたシャツを洗濯機に入れないのか?

答を書く。
鷲は、あまり洗濯機での洗濯(=水洗い)をしない。
なぜか?
水洗いではなく、空気洗いをするからでR。
空気洗いとは、いったい何か?

答を書く。
汗でビッショリ濡れたシャツに乳酸菌液をシュッ!と噴霧して、
ハンガーに掛け、5~6時間ほど吊るしておく。
すると、汗の成分が乳酸菌の発酵作用と 空気の酸化作用で
酸化分解して消滅する。
カレー臭なども分解する。(鷲にはないが…。)
さらに太陽光線に当てれば完璧だが、これは晴れた日の話。

何事もパラダイム・シフト! 生き方・考え方を大変革すべし!
なのでR。これが放射能時代を生きぬく哲学なのだ。

あ、放射能も闇雲に恐がってはいけない。
服や肌に放射性物質がついても、これは外部被曝だ。
本当に用心すべきは、放射性物質を吸い込むことだ。これは
内部被曝になってしまうからだ。

もっともっと用心すべきは、この2年間、吸って食べて体内に
取り込んでしまった放射性物質、これをどーするか?なのだ。

これはデトックス(解毒・排出)できない!
この商品がEー! コレを飲めばデトックスできる!などという
商品は、すべて詐欺商品だ。絶対に買ってはいけない!

この2年間に体内に入ってしまった放射性物質は、ガン細胞を
をドンドンつくるから、そのガン細胞をジャンジャン呑食してゆく
マクロファージやNK細胞をバンバン増やせば大丈夫!
これを「ドンドン・バンバン・ジャンジャンの法則」という。
これ、どっかのパチンコ屋の看板みたいだ猫。(爆)

ところで…、
汗に濡れたシャツの横で咲いている遅咲きツツジの花だが…、
いちばん手前の木だけが、咲いているでしょ?

ここで問題。
なぜ? 一本の木だけに花が咲いたのか?
答を書く。
鷲は、手前の一本の木だけに乳酸菌液を根元や枝葉にかけて
あげた。
そーしたら、乳酸菌の発芽・発根・花芽促進作用で、凄い勢い
で葉も枝も花芽も伸びはじめて、花が咲いた鼠ワケ。

乳酸菌の生命力向上作用って、ほんと、素晴らしいよねーー!
鼠ワケで、鷲も乳酸菌のおかげで元気になりました!
たくさんの見舞いや励ましの電話、ありがとー!>皆の衆
2013/03/31(日)     あの日以来…
疲れた。
働きすぎて疲れたのではなく、生きていることに疲れた…。

この国で、こんな国で…、これから先何年も生きていかねば
ならないことの絶望感が、暗い心の奥で毒をだしている…。
死にたいとおもった。

2年前、中国に逃げていれば、こんな気苦労はせずに…、
今頃は別天地で壮大な商売をしながら、万巻の書物に囲まれ、
理想生活をしているはずなのに、この国で気苦労の日々…。
とりとめもない悩みが脳裏をよぎり、昨夜は眠れなかった。

一夜明けた早朝、頭が重かったのだが散歩にでた。
途中、駆けてみた。息が切れるまで駆けてみた…。

宿舎にもどり、熱いシャワーを浴びながら坐禅をくんだ。
身体が熱くなって、汗が噴きだしてきた。

寝た。眠った。心地よい朝寝だった。
ふかい眠りから目覚めると…、ふっきれた感じがした。
しゃーない、また生きていこう! と思った。

このところ、つらい相談が多すぎて…、難問が多すぎて…、
知恵も足りなくて…、あまり皆の役にたてない自分。
鷲自身には大した悩みはないが…、まわりが全部不幸。
不幸になるはずのない、幸せな人生を送れるはずの人たち
が、あの日以来、想定外の難問に遭遇して辛苦の日々。
しかも健康まで害してしまい、通院と薬漬けの生活。

狂ったわけではないが、気がおかしい人が多くなった…。
言うことが正常ではなくなった人たちとの連日連夜の電話。
おかげさまで? 鷲までがおかしくなってしもた。

みんな苦しいんだ罠。誰も彼もが毎日もがき苦しんでいる…、
不幸大国、絶望大国、放射能大国、見殺し大国=ヌッポン。
この悪魔が支配する国の最期を見届けてやる!
こんな気概と鬼気を心奥に置いて…、より豪胆で大胆不敵な
生き方をしていくべぇ! と、ぼけーっと思いはじめた今の鷲。

あーー、腹がへった。 一昨日の夜、豆乳ヨーグルト100ccを
食ったきり何も食ってねぇ。
豆乳ヨーグルトの味噌粥でもつくって食うべぇ。
乳酸菌豚の肉も二切れほど入れてみっかなーーー。

あ、鷲のくだらん愚痴を聞いてくれて…、あんがと!>皆の衆
2013/03/30(土)2    徘徊老人日記
鷲は、高貴な生まれ鼠か、育ちがEー鼠か、幼少のみぎりは、
10人ほどの女中や下男に、うやうやしくかしずかれ、食事も
百メートルも先の厨房から運ばれるので途中で冷めてしまう。
そのため、熱い食べ物が苦手の猫舌(ねこじた)になってしもた。
風呂も熱いのがダメの猫腹(ねこばら)
重い荷物は下男が運んでくれるので、重たいモノといえば…、
そーだなぁ、箸か茶碗ぐらいしか持ったことがない。な~んて
コトは、ウソ半分冗談が半分。あるわけないじゃん。(爆)

つぎはホントの話。
鷲は常にウォーキングとか運動はしてるんだが、重いものは
最近は持ったことがない。
10日ほど前…、
乳酸菌液が20リットル入ったポリ缶を、前かがみになって…、
グイッ!と持ち上げよーとした途端、腰にギクッ!と、激痛が
が走った。完璧な、かつ典型的なギックリ腰でR。

腰は曲がったまま。伸ばそーとすると、痛くて伸ばせない。
鷲は、歩けなくなった。

しかし! 五十肩五十股を自力(じりき)で快癒させた鷲でR!
病院に行って鎮痛剤を処方してもらうワケにはいかない。
だから今回も鷲は気張って、ぐあんばった!
どんなふーに頑張ったか?

約1時間、鷲は畳の上に寝て、激痛をこらえながら、あお向け
になって、「痛い!痛い!」と言いつつ、腰を伸ばした。
腰が少しは伸びたかなぁー、と思ったので、鷲は、ゆっくりと
起き上がり、しずしずと歩きはじめた…。
そーして、そのまま靴をはき、外に出て、亀足ウォーキングを
はじめた。そこらじゅうを徘徊した…。

最初は冷や汗が出たが、陽気が良かったので、やがて身体
が温まってきた…。
さらにウォーキングを続けると、体が熱くなってきて、うっすら
とした発汗の感覚。同時に、痛みが軽減する感覚があった!

こーして鷲は、連日連夜、無理をしないよーに気をつけながら
ウォーキングと腰の屈伸運動を続けた…。
この結果は、快癒!

またもや鷲は、病院に行くことなく、自力で(じりき)!で病気を
治したのでR。この自信は、まことにもって大きい。
この自信で、鷲は、さらに一段とたくましい老人になった!鼠
こってす。はい!

2013/03/30(土) 相手にEー結果をもたらすウソ
「買って応援!シャープ」と「買って応援!福島」。この差が
救命と殺人”ぐらい違うことなど、正常な判断力があれば
分かることだ。

実際、おおやけの場で「買って応援!福島」などと演説して
いた県会議員サンの女房が九州産にこだわっていて、居間
にも寝室にも、シャープの空気清浄機がブンブン回っていて、
ほほえましい鼠か、誠に正常な判断力だ。奥方は。(爆)

いま、空気清浄機が爆発的に売れているが、これは読売が
言うには、「PM2・5への懸念から消費者の関心が高まって
いるため 記事」だそーだ。

さほど懸念しなくてもEーPM2・5を懸念し、真剣に懸念すべ
き放射性物質を懸念しないのは、まこと懸念すべき事態だ。

だが、鷲のネットショップやネットゲリラのアフィからシャープの
空気清浄機を買った方々は、100%!放射能を懸念した上
で、その対策として買ったことは確かなことだ。

家電量販店で高い空気清浄機を買ったシトは阿呆、鷲の店
やネットゲリラから買ったヒトは賢い!鼠ことかなぁ?(爆)

そのネットゲリラが肝心なことを↓書いている。感心した。
着々と、自分を護る手段を考えることです。
とりあえず室内くらいは「除染」しましょうw ここで紹介して
いるSHARPの空気清浄機は、原発用に開発されたヘパフィ
ルターを搭載しているので室内の放射性物質を除去します。
室内の放射線量が下がります。その代わりにフィルター部に
放射能が溜まるので、タバコを吸う人だったら週に一度とか、
普通の家なら月に一度はフィルターを掃除してやって下さい。
ネットゲリラの記事
しかり! ネットゲリラの言うとおりでしょう。
まぁPM2・5を懸念して買ったシトも、結果的に放射能対策
になっているので、結果オーライなんだけどね。
つうか、「PM2.5対策にシャープの空気清浄機は最適!」
とか言って空気清浄機を売りつけるのは、ダマシというより、
救命行為になる!鼠こと。

そこで、本日の教訓。
相手にEー結果をもたらすウソは、大いにつきなさい!

で、いま、自信をもって薦めたい空気清浄機はコレ↓。
(値上がりぎみだから、早目に買ったほーがEー鴨夜!)
FU-A51-W
2013/03/29(金)2 金正恩(30才)、戦争準備完了!
米国(横綱)と北朝鮮(前頭)の命を賭けた大相撲、いや核戦争は、
制限時間一杯。いよいよ戦争勃発!の気配が濃厚だ。

まず、世界の戦争横綱=米国は? というと…、
米韓軍事演習の際、米国は原爆投下を想定した実戦さながら
の軍事訓練を、B-52戦略爆撃機を使っておこなった。

さらに昨日28日には、米軍のステルス戦略爆撃機・B2が韓国
上空を北朝鮮を威嚇するように飛行し、威圧を加えた。
実際は、威圧どころか、北朝鮮に反撃の機会を与えず、一瞬で
北朝鮮を焦土化するための実戦訓練であったのだ。

激しく威嚇された金正恩の北朝鮮は? というと…、
B-52どころかB2ステルスまでを動員した米軍の威嚇作戦を、
「米国の狂気じみた戦略策動(挑発)」と見なし、「核戦争を引き
起こすという最後通告」と解釈し…、
「米国の核恐喝には無慈悲な核攻撃で、侵略戦争には正義の
全面戦争で応じる!」と強調した。
いやー、大変な大相撲、いや核戦争が勃発する噴霧器だ。

何と弱冠30才の青年が、世界最強の米軍を敵にまわして、
真っ向から、本気で、核戦争を挑もうとしているのだ!

そーして金正恩は本日、「火力打撃計画」に最終署名した。
この「火力打撃」とは、敵国への核ミサイル攻撃のことだ。
しかも「核先制攻撃が含まれている」というのだ。

アメリカを相手に核戦争をする! この死を賭けた戦闘の先頭
に立って、金正恩は、いま、全軍を叱咤激励するために全国
を駆けめぐっている。

国の指導者は危機存亡の際は、命を賭して先頭に立ち、闘う!
これこそが本物の指導者であるのだが、金正恩青年は実際に
今、危険を顧みず戦争の前線に身を晒している。
正恩青年には、父親の金正日が国内各所の塹壕に逃げ込んだ
ような怖気(おじけ)は全くない。
豊臣秀頼のようなマザコンは比較にもならない。

ここで、鷲の本音・本心を吐露したい。
311以降、鷲は、いつ何時でも、弱者、少数者の立場に立って、
反権力・反体制でいく!と決めている。この立場で言う。
金正恩! 死ぬなよ! 負けるなよ! そして、できうるならば、
アメリカを叩き潰してくれ! 旧宗主国=日本の代わりに!
恐るべき手相02
金正恩の恐るべき手相 (特に 「金星丘」)
2013/03/29(金) したたかな人生をつくる秘法
「ネットに携帯番号を公開してますが、大丈夫なんですか?」
と、しょっちゅう訊かれる。
普通は良くないことなんだが、鷲は強面(こわもて)で、図ぶとくて、
修羅場をくぐって生きてきた爺さんなので、何てことはない。

それより、それこそ色~んな人種から貴重な情報が入るので、
これをカネ(=情報料)に換算したら、大変な額だろうな。
いっぽう、守るべき秘密を守るストレスもたまってくる…。
人間、つい、シャベってしまいたい時もあるしーー(爆)

鷲は、下鷹(したたか)で上鳶(うえとんび)だ、と良く言われたもんだが、
鷲が若い衆に望むことは、「したたかな人間になれ!」鼠こと
だが、しかし、これには修行と訓練が必要だ。

どういう訓練が必要かというと、「ずーずーしい営業活動」だ。
たとえばの話、シャープの空気清浄機を『シャープ飯山店』から
仕入れて、知り合いに2千円ほどの手数料をのせて売ってみる
ことだ。

これを、自信をもって、誠意もこめて、ずーずーしく、サイド・ビジ
ネス(副業)として続けていくのだ。
この場合、商品知識の勉強も必要だし、シャベリ方や、笑顔の
つくりかたの訓練も、夜、鏡をみながらヤルべきだ。

そーゆーふーにして「ずーずーしい営業活動」を、なにごとにも
めげずに続けていって、苦労のあげく、一台売れた! とする。
その瞬間! キミは下鷹(したたか)に自立できる人間になっていて、
上鳶(うえとんび)にもなっていて、世間の空を颯爽と飛びまわれる!
鼠ワケだ。
是非!ヤッてみてほしい。したたかな人生をつくるために!

あ、売るのはシャープの空気清浄機がEーからな!
玄米粉は、いま、在庫がないから、売りたくても売れん。(爆)
2013/03/28(木)4 原発ムラの末席を汚す婆さん
きのこのブログは、止まったままではなく…、原発ムラの末席
を汚す池田香代子婆さんをカラかう頁を先頭においたまま、と
いうことで、下のほうではチャンと更新がなされてました。
たくさんの情報をありがとう!>皆の衆

それにしても池田香代子婆さんは、
「米とぎ汁なんて米を洗った汚水でしょ? おー、きたない!」
なんて言ってましたが、あのシト、「米の文化」には全く無知。

江戸の街に悪臭がなかったのは、発酵させた米とぎ汁を便所
に入れていたからで…、その便所でカモされた下肥(しもごえ)
関東平野を豊かな農地に変えた!なんてことも知らない。

だからドイツ語は得意でも、ドイツの文化にも無知みたいだ。

寒冷地帯にあるドイツは、ブドウやコメがとれる南方の温暖な
地域にたいする憧れ(あこがれ)があって、なんとかブドウを収穫
しようと、化学肥料工業が発達した。この化学文化が、ドイツ
が今でも世界一の化学国家である基礎になっている。

しかし、化学肥料がどんなに優秀でも、ドイツ産のブドーでは
美味しいワインがつくれない。

仕方なくドイツ人は、(寒くても麦は獲れるので)旨いビールを
つくるよーになった。これがドイツがビール文化、おフランスが
ワイン文化になった風土学的な文化観察というものなんだが、
池田香代子婆さんのツイートには、そういう知性が全くない。

あの婆ちゃんには、反原発派を野次るくらいがお似あいなの
鴨寝。(爆)
きのこにイジメられるのも、当然鼠か、身からでたサビだんべ。
2013/03/28(木)3 だれか きのこを しらないか?
「きのこちゃんのブログが止まったまま。連絡がつかない!」
こんな問い合わせが鷲の電話に殺到している。
携帯にも、自宅にも電話したが出ないのだ、と。
きのこちゃんの消息を知ってる方、連絡ください。
鷲の携帯は、090-3244-5829 です。よろしく。
2013/03/28(木)2 キナ臭いどころか…
朝鮮半島における戦争準備は、米国戦争屋の「計画」どおり
に、米国が得意とするパターンで進んでいる。
米国が戦争を起こす得意のパターンとは…、
1.「敵国」を徹底的に悪者にする。
  (国連で北朝鮮制裁決議を中国も含め全会一致で決議)
2.ダマシて「敵国」に先手を打たせる。
  (北朝鮮の核実験前、米国は弱々しい姿勢だった)
3.「敵国の幹部」に死の恐怖感を与える作戦。
  (B-52による原爆投下と、幹部宅をピンポイント爆撃の
  予告で、北朝鮮幹部は戦意喪失!とは米国の思惑。)

4.「挑発」をデッチあげ、これに即応し米軍が一斉攻撃!
4.について、米国戦争屋は実に巧妙に狡猾な手を打った。
韓国と米国が北朝鮮の局地挑発に対して共同で報復する!
という内容の「共同局地挑発対応計画」に、米・韓は22日、
署名し、この計画は発効した。

これで米国戦争屋は、北朝鮮の局地的な挑発攻撃があれば
「自動介入」できることになったのでR。

いや! 北朝鮮が局地的な挑発攻撃をしたよーに見せかけて
国際世論をダマシ、あとは北朝鮮全土に一斉にミサイルを撃ち
こみ、戦略爆撃機・B-52で要所要所に小型原爆を落とせば…、
ソウルが火の海になることなく、金正恩の北朝鮮はジ・エンド。

金正恩が、NYとDCに仕組んだ超小型水爆(タングステン水爆)
2~3発爆発しよーとも、被害は911程度、多くても10万人?
…と米国戦争屋は冷静・冷酷に計算している。

以上は、SF小説ではない。
明日、いや、今夜にも戦争勃発! という事態にもなりかねない
恐怖の実話なのだ。

参考:『陽光堂主人の読書日記』も同じような危機感をもっておられる。
2013/03/28(木) 米国戦争屋の北朝鮮殲滅作戦
日本中を興奮させた往年の女子プロレスラー・ミミ萩原さんが
霧島で恐ろしい経験談を話してくれた。
「男子と違って、女子プロレスラーは本気で殺しにくるのよ!」
そのため、「ミミ萩原、リング上で心肺停止!」という危機が
3回もあったという。

まさに命を懸けたリング上での壮絶な戦闘! これを観戦する
観客との「差」は、文字どおり“天国と地獄”ほどの開きがある。
楽しみながら観戦する観客には、命懸けのレスラーの恐怖感
は、全く理解できない…。

さて…、
日本人が呑気に観戦する朝鮮半島にある壮絶な殺し合いの
リング。
ここでの鬼気せまるような命懸けの戦闘に備える北朝鮮側の
恐怖の心理は、「観客」には到底分からないだろう。

北朝鮮とCIAが“なれあい”で演出している軍事危機。アレは
“なぁなぁの茶番” だよ!…などとワケ知り顔で話すシトがいる
が…、国際政治の厳しい現実がまるで分かってない!

金正恩の北朝鮮と米国戦争屋軍団の関係は、まさに命を懸け
た「殺すか?!殺されるか?!」の戦争状態にあるのだ。
然り!朝鮮半島は現在、弱肉強食の自然状態(ホッブス)にある!

いや!古代の三韓(馬韓・弁韓・辰韓)、三国(百済・高句麗・新羅)
時代から朝鮮半島はアジアのバルカン半島であった。
現代においても、朝鮮半島は、米・中・日・露が覇権を争う戦争
状態が継続している。

そして今、地下資源が豊かな北朝鮮の崩壊を狙う米国は連日
連夜、無人偵察機を飛ばし、北朝鮮制圧を想定した大規模な
軍事演習を行い、さらに(核兵器搭載可能な)B-52戦略爆撃機
で北朝鮮目標に対する実戦打撃演習をより強力に行った。

米国は、いま、ソウルが火の海になる前に、北朝鮮を一瞬で
無力化(小型核の一斉投下)する殲滅作戦を本気で検討している。

その殲滅作戦と同時に、「平壌など大都市にある金日成・正日
父子の銅像をミサイルで精密攻撃する」、つまり、金正恩以下、
北朝鮮の政府・軍・労働党の中枢人物の全員を、精密に殺す!
という要人抹殺作戦も強行する…。
リビアのカダフィが自宅を正確にピンポイント爆撃され、降参した
あの作戦である。

ところで…、
25日、キッシンジャーが北京を訪問したのは、
「北朝鮮が局地的な攻撃を仕掛けたら、米軍は核で応戦する!」
という米国戦争屋の意向を李克強首相に伝えるためであった。

2013/03/27(水)2 米国戦争屋が戦争をつくるヤリ口
戦争が近い! と感じ、心配しているヒトが増えている。
たしかに…、
米国本土を追われた戦争屋たちが大挙してアジアに本拠を
移し、戦争をおっぱじめる謀略を練っているので、朝鮮半島
は特にキナ臭くなっている。

戦争は偶然おきるのではなく、戦争は故意につくられる!
こういう観点で、米国の戦争屋軍団が故意に戦争をおこす、
そのヤリ口をみてみよう。

アメリカという国は戦争屋(軍産勢力)に支配されている国家
で、その侵略戦争はマッチポンプ方式の謀略戦から始まる。

マッチで火をつけるパターンは、見え見えのワンパターン。
先ず、侵略するターゲット国を徹底的に悪者にする。
  ・ アフガンには、タリバンという悪のテロリストがいる!
  ・ イラクは、大量殺戮兵器をもっている!
  ・ リビアは、カダフィによる悪の独裁国家だ!
  ・ 日本は、真珠湾を一方的に攻撃した侵略国家だ!
  ・ 北朝鮮は、不法な核実験をする危険な国家だ!
  ・ 中国は、非民主的で人権無視の共産党独裁国家だ!
こうした悪宣伝をメディアを総動員して徹底的に行う。

次は、謀略をこらしてターゲット国をダマシていく…。
フセインなどは、「クウェート侵攻に米国は関与しない!」 と
エープリルというウソつき大使(女)に騙されてしまった…。

ダマシの次に行うのは…、
大規模な軍事力を誇示し、同時に無人偵察機を頻繁に飛ばし
て、「敵」に死の恐怖感を与えること。
この死の恐怖を与える作戦により金正日は、おちおち眠るヒマ
もなく…、北朝鮮国内を逃げ回っていた一生だった。
しかし、いま、息子の金正恩は軍視察日程を公開して、リアル
タイムで米軍の監視の前にその身を晒している。じつに豪胆
である。(この理由は後日、論評する。)

次のステージは、「挑発を誘う挑発作戦」である。
これは「敵」に先に手を出させる作戦である。
イラク(クウェート侵攻)も、日本(真珠湾爆撃)も、この手にハマった。
米国は「敵」が手を出さないと、「クサ」をつかって自作自演の
「敵の攻撃」をデッチあげる。9.11はコレである。

ところで、いま…、
朝鮮半島で戦争をおこす米国の「作戦」は、一体どのステージ
にあるのか?
このことは稿をあらためて書きたい。御免。
2013/03/27(水) 唐辛子粉がすんごい売れ行き!
きょうは早朝からズゥーッと午前中一杯、電話に追われた。
その大半が唐辛子粉の発酵床に関する質問だった。
「唐辛子は身体に良くないんじゃないか?」
という質問が結構あった。
鷲は、「唐辛子を食え!」なんて一切言ってないのに…。

こういうことだ。
唐辛子の粉を「玄米粉」や『蓬龍宝』でギトギトに発酵させて
発酵床(どこ)をつくり、これに肉や魚や野菜を入れて発酵食品
をつくる。
発酵食品を食べ続ける人間は、病気にならない! 鼠こと
が言いたかったワケなのでR。

でもま、韓国産の優良な唐辛子粉がバンバン売れているのは、
唐辛子粉をつかった発酵床(どこ)で発酵食品をつくる!
考え方が充分に理解され、広まっているとゆーことなのだろー。

あと、北朝鮮情勢に関する質問が多かった。
戦争になるのか? ならないのか? という議論である。
これについては、午後一番に鷲の見解をズバリ!書きたい。
よろしく。
2013/03/26(火)2  『発酵民族=新日本人』の誕生! (2)
これからは、食べ物は全て発酵させてから食べよう!
そのために唐辛子の粉を玄米粉で発酵させて発酵床をつくり、
このなかに食べ物を漬け込んで発酵食品をつくろう!

自家製の発酵食品には元気のEー生きた乳酸菌がたっぷり。
こういう発酵・熟成した食品を食べている人間は、NK細胞とか
マクロファージという免疫細胞が著しく活性化する!

そーすると、病気にならない、タフな人間に生まれ変わる
その変身した人間こそが、今の日本が滅亡した後、新しい国、
再生・新日本をつくる新日本人なのでR!

いやーー! 大言壮語ぎみだが、構想はでかいし、異議なし!
という賛同者もゴマンといて、たのもしい限りでR。

しかし、わが足下(あしもと)を見ると…、
大言壮語、大風呂敷を広げたワリには何とも情けない話が…。

じつは、玄米の粉が、かなりの数を用意したのに、在庫切れのため
配達遅延。生産も思うよーにはかどらない…。

…というのも、
ご当地、南国・志布志近辺では、3~4日前から田植え作業が
はじまっていたのでした。
そのため、何百万もする玄米粉製造機が昼間は昼寝。夜なべ
仕事も、疲れた体に焼酎が睡魔をよんで、いつしか高いびき。
そこで鷲も、焼酎を呑みながら、考えた…。

アッ! ありました!
玄米の粉に勝るとも劣らない、世界一の発酵力をもつヤツが!

「あちきを忘れてやいませんでしたか?!」
と、少し怒っている感じだが、「ワシの出番だ!」という顔つきも。

忘れてなんかいない! 世界一のキミの出番がきたぞ!
と鷲は、ハタ!とヒザを打ちながら言った。

鼠ワケで…、
下の↓世界一のヨモギ乳酸菌で唐辛子の粉を発酵させると、
これまた乳酸菌ギトギトの唐辛子発酵床(どこ)ができます!

蓬龍宝
上は「甲府の乳酸菌は世界一!」の『蓬龍宝』です、
この乳酸菌液は、志布志産のヨモギを種菌にして、グルンバを
つかって培養しました。

『蓬龍宝』は拡大培養ができます。その方法は…、
黒糖(3%)、粗塩(1%)を溶かしたミネラル水と、『蓬龍宝」を
1対1で混ぜると、どんどん増えていきます。

唐辛子の粉と『蓬龍宝』を、1対1で混ぜ、ダシ汁で粘度を調整
して、爆裂!魔法の発酵漬け物床をつくってみてください。
2013/03/26(火)  『発酵民族=新日本人』の誕生! (1)
発酵床2
肉類、野菜、魚類、米、麦、ハム、果物、乾物、野草! ほとんどの食べ物を
先ず発酵させてから食べる!世界初の発酵民族をめざす…、新日本人

約2ヶ月前から、鷲は、いっぱしの商人(あきんど)になった。
67才になってからモノ売りをするとは! 予期せぬ老後でR。

鷲のばやいは、商人とはいっても少々旗の色がちがう。
いってみれば、「運動する商人」。
あるいは、「商売を運動につかう商人」といったところ鴨。

どーゆーことか? 鼠と、
鷲が売る商品、あるいは鷲が宣伝する商品は…、
(こころざし)のある日本人が発酵民族に生まれ変わるための
商品で、そういう商品を売る運動なの蛇。
もっと簡単に言うと 「日本人が発酵民族に変身する運動」。

たとえば、上の写真の爆裂!魔法の発酵漬け物床
これは、肉類、野菜、魚類、米、麦、ハム、果物、乾物、野草!
ほとんどの食品を、先ず発酵させてから食べるための発酵床
なの蛇よ。

どんな食べ物でも、発酵させれば、あらゆる毒物・毒素が減衰
する。東電と政府が全国に撒き散らすあの毒物も毒性が軽減
するの蛇。

しかも蛇、乳酸発酵した食べ物を食べている人間は、NK細胞
とか、マクロファージという免疫細胞が著しく活性化する!
そーすると、病気にならないタフな人間に生まれ変われる
とゆーことになるの蛇。

しかも、乳酸発酵につかう生きた乳酸菌は、皆が自宅の台所
で拡大培養する。自家製の豆乳ヨーグルトまでつくってしまう。
市販のヨーグルトは牛乳が原料で、元気な乳酸菌はいないが
いまの日本人が家庭でつくるヨーグルトは、植物性で、生きた
乳酸菌がウジャウジャ。

こんなに乳酸菌をつかった発酵食品にこだわり、ソレを家庭で
つくりつづける民族は、日本人と韓国人だけだ。

生きた乳酸菌をあつかう技術にたけ、発酵食品を食べ続ける
マクロファージ民族! これぞ世界初の発酵民族の誕生なの
でR。

彼ら発酵民族=新日本人の棲み家は、『放射能ゼロ空間』。
そこには、シャープのプラズマクラスター付きの空気清浄機が
24時間稼働しているため、東電製の致死性毒物が付着して
いる微細なホコリはゼロ!

特筆すべきは、彼ら新日本人は、発酵した風呂に入ることだ。
詳しいことは、ココを読んでもらうとして…、風呂の水の交換は
1ヶ月にせいぜい2回。だが、不思議なことに大腸菌はゼロ

…とまぁ、以上のよーなシステムや商品を鷲は売っているワケ
だが、一番の稼ぎ頭はアマゾンからのシャープの空気清浄機
のバックマージン、1台売って¥800円弱。だが、この程度の
利益で充分なのだ。
だって、鷲ら新日本人は、ほとんど食費がかからないから寝!
(つづく)
2013/03/25(月)3   もやしもん (番外編)
“米とぎ汁乳酸菌”が世にでた頃、“玄米乳酸菌”はピカピカの
一年生だったー。

“ヨモギ乳酸菌”という凄いヤツもいたが、人気がなかった…。
そのうち“豆乳ヨーグルト”ってのがシャシャリでてきて…、
「乳酸菌密度ならオレが一番だー!」
とかとシャベりまくって、人気をひとりじめしやがったー。

出しゃばりの“豆乳ヨーグルト”には熱烈なファンが多くて、
「あたしの豆乳ヨーグルトが日本で一番美味しいはずよ!」
と、わざわざ福島から九州の霧島まで持参してきた姐さんが
いたが、アレは確かに抜群の味だったなー。

なにがキッカケなのか? よく分からんが、日本全国で生きた
乳酸菌を培養しては、「コレ最高の出来!」 とかとホラを吹き
まくるオバちゃんが増えたのは、たしか、おととしだったー。

それにしても何百万人もの日本人が、「乳酸菌!乳酸菌!」
と生きた乳酸菌を自宅の台所で培養してる…。こんな民族は
ブルガリアに少しいるくらいで、世界の希少民族じゃね?

な~んか、きょうあたりも、
「唐辛子粉と玄米粉を混ぜると乳酸菌が爆発的に増える!」
とかって大騒ぎしてるらCーがー、玄米粉のかわりに、ギトギト
に発酵した“豆乳ヨーグルト”を混ぜてもOK!なんだぜーー。
なーー? “豆乳ヨーグルト”君!

“豆乳ヨーグルト”:「そのとーり!オレを忘れちゃダメだ!」
2013/03/25(月)2 てんてこまい
玄米粉のことなんですが…、なんか発作的に衝動買いする
ヒトが、ほんと、すご~く多いようです。
そのため、玄米粉の生産が間に合わない状態になりました。

志布志市の隣町、東串良町の中島さんという大きな農家の
オッサンがつくっているのですが…、昼間は田植え、夜なべ
仕事でつくるワケですが…、こちらのオッサン連中は焼酎が
大好きなので、呑みすぎて寝ちゃう晩もある…www

しばらく焼酎は呑むな!仕事第一でいこう!と、今、ハッパを
かけました。返事は「玄米粉、頑張ってつくります!」

鼠ワケで、いろいろ真剣に調査した結果…、まだブツは見て
いませんが、下の玄米粉も安全であることを確認しました。
下の玄米粉屋の社長とは電話で詳細な話をしました。はい。
玄米粉
2013/03/25(月) いろんな発酵食品をつくろう!
発酵床
キムチをつくる感覚ではなく…、肉、野菜、魚。何でも発酵させ発酵食品をつくる感覚。
反響も大きいが、錯覚してるシトも多い。
爆裂!魔法の発酵漬け物床(上の写真)は、キムチをつくるだけ
ではないのです。

肉、野菜、魚類、ハム、果物、乾物、野草!何でも発酵させて
しまい、発酵食品をつくって、発酵食品を食べ続ける。これが
放射能国家でも健康で長生きできる秘訣なのです。

これまで、生きた乳酸菌を大量に含んだ発酵食品といえば…、
豆乳ヨーグルトだけでした。
この食生活は、なんとなく味気ない。で、少し飽きてきた…。

そこで、爆裂!魔法の発酵漬け物床(上の写真)の登場です。
これ! これなら、肉、野菜、魚。何でも乳酸菌ギットギトの発酵
食品にできる!鼠わけです。

ただし唐辛子の粉は、完璧に発酵・熟成させてください。
そのために最も優れているのは、玄米の粉です。
この玄米粉は、あの瀬戸山譲一君の監修・肝いりです。
南九州は大隅半島の優良米からつくった玄米粉は、本日午後
から、『ぽんぽこ笑店』が発売しま~す。

2013/03/24(日)2 隣国を憎悪する極右国家
横田めぐみ横田めぐみさんが水曜日に極秘来日する!
という噂が東京・大阪で流れている。
伊勢神宮に参拝する行程で警備体制が準備
されている…、という尾ヒレもついている。
ま、これでは「極秘」ではないだろう。(爆)
横田めぐみという存在は、北朝鮮の金王朝に
とっては、それこそ最後の切り札であり、絶対秘密の大奥
である。
彼女の登場の仕方によっては、その強烈なインパクトにより、
東アジアの政治は一変してしまう。
いや、一変させることができる!そういう究極のカードなのだ。
おめおめ、のーのーと日本旅行する玉(タマ)ではないのだ。
問題は…、
今の閉塞した社会情勢が一変する! そんな事態を待ち望む
心理が日本の社会に鬱積(うっせき)していることだ。
その鬱屈(うっくつ)した閉塞状況をスコーン!と破り、日常生活
の苦悩を忘れさせる突発的な異常事態。
それは…、
いまの日本(=隣国を憎悪する極右国家)の状況を考える
と…、戦争! これが一番ぴったしカンカンなのが悲しい。
2013/03/24(日) 米国戦争屋勢力がアジアに集結!
戦争の臭い(ニオイ)がプンプンしている。
アジアで戦争をおこしたい勢力の暗躍が激しくなってきている。

なにしろ、財政の崖(カネなし国家)回避のため、オバマは軍事
予算を大幅にカット! さらに、戦争屋のボスの一人、ヒラリーを
失脚させた。

アメリカの戦争屋グループ、軍需産業、その販売代理店の兵器
商社、兵器商人…、軍産複合体は売上げも利益も激減である。

そのうえアジアでは何十年も戦争がなかったために、耐用年数
が迫った膨大な兵器が山積みになっている。
そろそろ戦争をおこさないことには食い上げになる!と、米国の
戦争屋たちは、東京、ソウル、上海で、必死の営業活動
ヤツらの究極の目的は、戦争をおこすこと! である。

米国軍産複合体(米国戦争屋勢力)の暗躍と謀略!
これが現在の極東アジアの政治・軍事情勢を解くキーワードで
あり、金正恩がどー言ったの、韓国がサイバー攻撃を受けたの、
尖閣に中国空軍機が飛んできたの、と単発問題だけを論じて
「危機」を煽るマスコミは米国戦争屋の手羽先!鼠こと。

とにかくいま、極東アジアはキナ臭い!
一触即発! この事態をおこそうと、戦争屋どもは狙っている。
2013/03/23(土)2 これが爆裂 赤色 発酵床(どこ)だ!
コチュどこ
肉、野菜、魚類、ハム、果物、乾物、野草!何でも発酵させてしまう! 爆裂!魔法の発酵漬け物床
イメージがわかないシトが多いので、写真を載せました。
唐辛子の粉を主原料にして、漬け物床(どこ)をつくって…、
これに、肉、野菜、魚類、ハム、果物、乾物、野草! などを
漬けておくと、たちまち発酵してしまう!
韓国人も思いつかなかった、万能、爆裂、赤色発酵床(どこ)
であります。

歴史的には、朝鮮半島に唐辛子を伝えたのは日本人でありま
して、韓国人が唐辛子をつかったキムチをつくりはじめたのは、
18世紀になってから。ですから唐辛子にかんしては、じつは、
日本が大先輩であったのです。

さて、大切なことを書きます。
なぜ? どうして唐辛子なのか?! ということです。

激辛だが美味い! という上質の唐辛子は、南国でなければ
できません。
鷲は、鹿児島で唐辛子の栽培に成功しましたが、南国の強烈な
太陽光線と鹿児島の猛暑が、あの鮮血のような赤い色と、猛烈
なカプサイシン(唐辛子の辛味成分)をつくってくれたのです。

強烈な太陽光線! その主力エネルギーは、放射線です。
光合成細菌は、その放射線のエナジーを利用して、あの鮮血色
の色素をつくって唐辛子に与えたのです。

光合成細菌はカロチノイド色素をつくる名人ですが、あの色素は
放射線から身を守るための色素で、サングラスと同じ原理です。
…時間がないので、結論を急ぎます。

  放射線を利用し、放射線に強い光合成細菌!
  その光合成細菌がつくった唐辛子!
  その唐辛子を食えば、人間も放射線に強くなる!

だから、唐辛子なのです!
爆裂! 魔法の発酵 漬け物床
肉、野菜、魚、ハム、果物、乾物、野草。何でも入れて下さい。
放射能に強くなる食品に変身します!
なによりも安い! し。(牛ーサプリなんか買わなくてもEーんだからね!)
親切・感心・親切なレシピは、きのこちゃんのココを参考にして下さい。
唐辛子粉
2013/03/23(土) きのこぼんのすすめ
『ウナギがくれた知恵(1~7)』。ずいぶん長々と書き散らして
きました。唐辛子の粉に玄米粉をまぜて発酵させる作業をしな
がらでしたので、冗長な文章になってしまったのでした。
ご免なさい。そして、ご愛読ありがとうございました。 m(__)m

さて…、
これからの食生活のキーワードは、発酵! これに尽きるワケ
で、発酵させる菌は乳酸菌が一番!鼠ことなんですね。

乳酸菌で発酵させれば、腐敗菌が死滅し、腐敗が止まる。
逆に腐敗すると、悪臭が発生し、病原菌や病原性ウイルス
が大繁殖する。

とくに腸内の腐敗は、万病のもと! 癌の原因です!
ですから、発酵させて腐敗を止める! このことを最重要課題
にして生きていきましょう。

あ! きのこちゃんが、『爆裂発酵キムチの素「ヤンニョム」』に
“発酵キムチの素”の感心・感激のレシピを書いてくれました。
紙に書きうつして、台所の壁に貼っておきましょう。

これからの食生活のキーワードは、発酵!
大切なことなので、二回書きました。

この発酵と食生活にかんしては…、
きのこ著 『発酵マニアの天然工房』は、必読書です。
放射能国家における“国民的な必読書”と言ってもEーでしょう。

『発酵マニアの天然工房』、通称「きのこ本(ぼん)」を持ってるヒト
は、再読、再々読!
まだ「きのこ本」を読んでないシトは、ぜひ↓買って読んで下さい。

きのこ本
2013/03/22(金)2 ウナギがくれた知恵 (7)
雑草キムチ
先週は豪華なうな丼の日々。今週は「雑草キムチ!」で清貧な食生活でR。
韓国で料理店に入り、例えば参鶏湯(サムゲタン)を注文する。
すると参鶏湯の前に、キムチ、ナムル、ジョリム、ポックム、
チヂミといった副菜(パンチャン)が沢山でてくる。

このパンチャンは、お代わり自由で、ぜんぶタダ。無料。
だっから鷲は、「これは美味い!」というキムチがでたときは、
5回もお代わりをして、それだけで満腹してしまった…。
新済州市の「三無公園」の横の「ママソン・カルククス」という
店だったが、あそこのキムチは全羅道のより美味かったなー。

今回、鷲たちは、
その本場の本物もんのキムチの味を再現することができた!
材料は…、
韓国産の唐辛子粉に、玄米粉、豆乳ヨーグルト、イカの塩辛
アミの塩辛、すりおろしたニンニク、粗塩、利尻昆布のダシ汁、
松の実利尻昆布…と、こんなもんでR。
これらを工夫しながら、味見もしながら混ぜあわせ、ドロドロ
の液体をつくって発酵を待つ。この液体がキムチのモトでR。
だが、この完全発酵したキムチのモトは、キムチをつくるだけ
のモノではない!
肉、野菜、魚類、ハム、果物、乾物、野草!何でも発酵させて
しまう魔法の発酵漬け物床なのだ。

食べ物が腐りやすい季節、そして放射能…、こういう環境では
何といっても発酵が大切である。
部屋のなかも、腸内も、食べ物も、(人間関係も)完全発酵!
これ、牛ー常識だよね!!
2013/03/22(金) ウナギがくれた知恵 (6)
鹿児島産玄米粉 写真は志布志の隣町の篤農家が自家生産した
玄米の粉である。すべて自分の田んぼのコメを
8百万円もする機械で微粉末にする…。
この時、普通は熱が出て米粉が変質するものだ
が、そんなヤワイ製法ではない。
玄米の品質が全く変化せず、また、玄米に付着し
ている乳酸菌が一個たりとも死滅しない製法…。
すごいっしょ?
だっから、この玄米粉で豆乳ヨーグルトをつくると、
ほんと発酵が早くて、乳酸菌ギトギトのヨーグルト
が、アッという間に出来ちゃう。
で、この玄米粉で唐辛子の粉を強力発酵させる!ワケ。
唐辛子の粉を発酵させてキムチをつくるのは韓国人の得意技だが…、
鹿児島の玄米粉をつかう発酵法は、韓国人もビックリの秘法だ。

キムチをつくるなら、ニンニクとアミの塩辛(下図)を入れればEーし…、
完全に発酵した唐辛子で、肉や野菜も漬け物にすることもできる…。
豆乳ヨーグルトだけの味気ない食生活ともオサラバ!鼠ワケ。

鹿児島産の特製玄米粉は、来週、『ぽんぽこ笑店』で発売しま~す!
アミ塩辛
2013/03/21(木)3 ウナギがくれた知恵 (5)
1週間に鰻5匹
「蒲焼の 匂い辿れば マリアナへ」という豪快な川柳があったが、
先週は接待でウナ丼を1週間に5回も食った…。豪快すぎ鴨。
上の画像は、きのこ作

今年は「土用丑の日」が2日(7/22、8/3)あるが、先週の鷲は
ほぼ毎日が「土用丑の日」だった。 (笑)
   「土曜日に 食べる物だと 勘違い」 という川柳でいえば、
毎日が土曜日だった。

それにしても、先週は妙齢の女性の客が珍しくゼロだったが…、
色んなタイプのオヤジが毎日来てくれたので、鷲は楽しかった。

   「特上で 口説かれるのを 覚悟する」 なんて艶話もなし。
上客オヤジたちに「うな重の並」は出せないから…、
   「ありえない デートのうな重 並なんて」 なんて苦情もなし。

そーだ、ついでに、↓この川柳の意味、分かるかなー?
   「うなぎ食べ 昔の彼を 思い出す」
これは、うなぎを食べた日の夜の「彼」の激しい情熱! これを、
いや、アレを思い出した…、ってゆー五七五鴨寝。

   「うな丼の 時しか出番の無い 山椒」
これって、紅白の時しか出番のない森進一とか細川たかしとか
北島三郎みたいだけど、彼らは出番があるだけマシだ。

菅直人、野田佳彦、枝野幸男、田中真紀子あたりは、牛出番は
来ないだろー。

しっかし長い前置きになったが…、(爆)
「うなぎ一尾(いちび)丼」という名前のウナ丼を食い過ぎてメタボに
なった鷲を助けてくれ、痩せさせてくれたのは、発酵菌ギトギトの
キムチ だった!
そこで鷲は、韓国人にも負けない「和製キムチ」のつくり方を考案
したワケだが、そのレシピは次回に書くから待ってて寝!
2013/03/21(木)2 ウナギがくれた知恵 (4)
「この商品はEーよ!」と鷲が言うと、発作的に衝動買いして
しまうシトが多いので、鷲は、ほんと、閉口している。

「センセー! 唐辛子の粉、買いました!」
と、ここまではEーんだが…、
「で、豆乳ヨーグルトは、どーやって作るんですかぁ?」
と言われると、オイオイ!と、老いた頭に頭痛がはしる。

あのにぃ。 豆乳ヨーグルトがつくれないシトは、唐辛子の粉
買っちゃいけないの!
唐辛子の粉は、豆乳ヨーグルトなどと混ぜて発酵させないと、
辛くて辛くて、韓国人だって「辛い(メウ)!」って言うぜぇ。
だいたい…、
放射能国家では、「豆乳ヨーグルトができて一人前!」 と
いうことになっているので、そこんとこ考えて猪!
とにかく、衝動買いはやめましょう!

あと…、
「唐辛子の粉を発酵させる玄米粉はどーするんですかぁ?」
という質問も多い。
玄米の粉なんかは、自分でつくってもらいたいんだがーー、
これが乳酸菌ギトギトの玄米の粉だッ!という南九州産の
玄米粉を、近々『ぽんぽこ笑店』が発売するので、よろしく!

それと、これから鷲が「Eー!」と言う商品も、じっくり2~3日
考えてから買って下さいね!
2013/03/21(木) ウナギがくれた知恵 (3)
鷲は以前、横田めぐみさんが金正恩の母親だ! と書くまでに
話を延ばしに延ばし、読者をジラシまくったことがあった。
そのため…、
ジラシの飯山、ノバシの一郎、勿体ぶり爺と言われてるぞ!」
畏友・サムライ氏に怒られたことがある。(爆)

今回も「またジラシてる!」 と思われる方もおられるだろうが…、
鷲としては、丸ごと焼いたウナギを5匹も食って…、美味かった
が、このデカ鰻の蒲焼の消化・吸収と、その後のメタボ対策に
は艱難辛苦、大変な苦労をしたワケで…、そのカラダをはって
体得した秘法をホイホイと気安く公開すると軽い人間に思われ
てしまう…。

でもま、本来もともと鷲は軽薄不調、頭も口も軽い人間なので
軽い気持ちでシャベッてみます。(爆)

さて…、
乳酸菌を多く含んだ食品を食べると、マクロファージやNK細胞
が増える!とは、後藤利夫医師が 『乳酸菌パワー』に明確に
書いたとおりだが、これには前提がある。

どういうことかというと…、腸内に腐敗菌がいない!ということ
が大切なのだ。

人の腸内にはウエルシュ菌などの頑強な腐敗菌が棲んでいて
この腐敗菌(悪玉菌)との闘いに、乳酸菌(善玉菌)が疲労困憊
する場合が多い。

だったら、腐敗菌との闘いは別の勢力にまかせ、乳酸菌には
マクロファージを増やすことに全力をあげてもらう!という作戦
が成り立つ。

この別の勢力とは、いったい何なのか?
それは、腸内の腐敗菌を殺菌する勢力である。
強い殺菌作用をもった勢力である。
それは何か?
もったいぶらずに硫黄! あれ? 言おう!

唐辛子でR! あの真っ赤な唐辛子の粉でR!
この殺菌力は強力だ。腸内の腐敗菌などイチコロだ。

だから…、
唐辛子の粉に、豆乳ヨーグルトや新鮮な玄米の粉をまぜて発酵
させたヤツを先ずつくってみて欲しい!
(つづく)
唐辛子粉
2013/03/20(水)2 ウナギがくれた知恵 (2)
「核燃料プール」というのは、地上30mの高さにムキだしの
原子炉があるのと同じで、いま4号機はコレがヨタヨタ。
これを放置しているのは「国民皆殺し」の策略だ! と、鷲は
思う。「違う!」と政府が言っても、鷲は絶対に信用しない。

国際原発資本の手下になった政府が、国民を皆殺しにしよう
としている! こう思って対処し、生き残り策を考えていく…。
これが今の鷲たちがやるべきことだ。

それにしても日本という国が、これほどヒドイ悪魔のような国
になってしまっているとは! …泣くに泣けない。

大爆発して破壊されたムキだしの原子炉が首都圏にあって、
冷却装置が故障してもロクな修理もしない…。

いまもなお連日連夜、2億4千万ベクレルという莫大な量の
放射性物質を大気中と海中に放出させている東電福島…。
これだけでも国家としては完全に終わっているのだが、国にも
国民にも、自分たちが死んでいるという意識がないゾンビ。

そのうえ、隣国は悪い国だ、汚い国だ、不潔な国だ、 と悪口
ばかり言って、自分の国が史上最悪の国家になっていること
などアッチ向いてホイ。

そこで鷲たちは「牛自己防衛しかない!」と、乳酸菌の運動を
やってきたワケだ。

さて、ここで乳酸菌活用の要点をキチンと復習しておこう。
これだけは↓頭の中に叩きこんでおく!という要点はこうだ。

(1) 放射能は、癌、免疫不全、心臓と脳神経疾患の原因。
(2) 放射能障害は、数年以上かかって重病になってゆく。
(3) そこで日頃から免疫力をつけておくことが大切。
(4) 乳酸菌密度の高い食品を摂取すると免疫力が高まる。
(5) 免疫力とはマクロファージ、NK細胞の数である。
(6) 乳酸菌密度の最も高い食品は、豆乳ヨーグルト!
ということで…、
鷲たちの乳酸菌運動とは「豆乳ヨーグルト普及運動」であった
ワケだ。
しかし飽きっぽい鷲は、豆乳ヨーグルトには少し飽き飽きして
きている昨今…、いろいろ考えた末、すんげー食品を発見し、
ソレを仲間とつくって食ってみたのだが、コレは凄かった!
(つづく)
2013/03/20(水) 宿酔でも意気軒昂
日本。
こんな美しい国を放射能で汚染しまくった奴らを、鷲は絶対に
許さない!

日本人。
こんなに心やさしい人たちを不幸のドン底に突き落とした原発
ムラの連中に、鷲は、トコトン復讐したい!

こういうおもいで生きてきた…、この2年間。
煮えたぎる怒りと、殺意さえ含む復讐心のやり場がないまま、
鷲は、この二年間、怒りと殺意と復讐心を、文章に叩きつけて
きた。

同時に…、自分と家族と仲間の健康を維持する知恵と工夫を
みなに提唱してきた。
日本の老人の知恵と工夫は、古代から蓄積してきた世界一の
水準にあり…、未曾有の放射能地獄にあっても、絶対に必ず
生き抜き、生き延びていける方策がある! この気概と気合が
通じた結果、鷲は、もの凄い数の同志を日本全国にもつことが
できた。

鷲のネット活動を注視してきた或る教授は、あらたに乳酸菌
を培養しはじめた人間が300万人を超えた!と推定した…。

だいたい上のような話を、鷲は昨夜、老朋友に語った(と思う)
そうしたら老友は…、
とにかく!飯山! 大勢の仲間・同志たちとともに、残り少ない
人生を、亡国後の新しい国をつくる次世代ために捧げ尽くせ!
それが、熱血老人・飯山一郎の晩生だ!
…と、猛烈なハッパをかけられどおし。

今朝は宿酔(ふつかよい)で頭が痛いけど…、午後からは気張って
仕事場に行きます。

2013/03/19(火)2 悪友あり、遠方より来たる
明日は春分の日。祝祭日の前日は来客が多い。
よくぞまー、はるか彼方、こんな南の地の果てまで来てくれる
もんだなーー! と感嘆し、また感謝もしている今宵…、夕食
のあとは、カラオケになりそーな噴霧器ww
いってきます!
2013/03/19(火) ウナギがくれた知恵 (1)
一尾鰻
先週は客と一緒に鹿児島産のウナギを3匹食った。今週は小食・粗食に徹する!

鷲は“人寄せパンダ”みたいなので、来客が多い。
先週は、韓国、神奈川、東京、大阪からの客に志布志名物の
『1尾ウナギ』を振る舞った。
「こんなに大きなウナギは初めて!」と、みな喜んだ。
連日のウナギの一匹食いに、「長良川の鵜になりたい!」 と
鷲は思いつづけたが…、結局、あまりの美味さに、鵜(ウ)では
なく豚(ブタ)になった。

ところで…、
(ウ)は、鮎(アユ)だけでなく、鰻(ウナギ)も食う。
で、アユはパクッと丸呑みできるが、ウナギは長くてヌルヌル、
ニョロニョロしてるので、丸呑みできず、鵜(ウ)は難儀する…。
(ウ)が難儀(なんぎ)するから「ウナギ」、鼠のは落語の話だが、
鷲の場合は、ウナギを食い過ぎてのメタボ難儀。(爆)

このメタボ退治のために、鷲は先週末から絶食に近い食生活を
している。

徹底した少食・粗食の食生活は、やったヒトなら分かると思うが、
信じられないほど頭脳が明晰になる。

その明晰な思考のなかで、(ここからが本論なのだが)、鷲は、豚(トン)
でもない発明をした!

それは、豆乳ヨーグルトに匹敵する画期的な発酵食品なのだ
が、説明が長くなるので、稿をあらためたい。
(つづく)
2013/03/18(月)3 マネーインセンティブ
空気清浄機を広めたい! 先ず身近なヒトに薦めます!
こんな頼もしい話が多数くるのだが…、
「うちの空気清浄機は、飯山さんの店から息子が買ったので、
あたしにはどーやって仕入れたらEーのか? 分からない。」
こういうシトに、鷲は電話でネットショッピングのヤリ方を教え
まくっている。これだけで、きょう一日が過ぎてしまった…。

しっかし、みんな、ヤル気になってきている!
副業として堂々とシャープの空気清浄機を売っていく! この
仕事、ほんと、ハリが出るみたいだ。

そらそーだろー。
人助けになったうえに、わずかでもお金が入る…。
このマネーインセンティブ(お金が入るという刺激)は大きい。
1台でも売れれば、それが大きな自信になるし。

ただし基本は、豆乳ヨーグルトをつくって、食べて、免疫力を
あげることだからな!
ショーバイ熱心なのはEーが…、
「シャープの空気清浄機があれば乳酸菌は要らないと思った」
なんてシトが3名もいたのは、鷲、ショックだった…。
2013/03/18(月)2  auよ! IGZOスマホを早く発売して猪!
鷲のスマホ(SONY)が超のろ亀になってしもた。
余分なアプリがメモリーを占拠していて、これが削除不可。
電話がかかってきても、会話開始まで3秒もかかってしまう。
電池は新しいモノなのに、半日も持たない。
牛我慢の限界だ。

ソフトバンクに飛びつきたいが、南九州は電波が弱い。
ドコモにしよう! と、auに解約に行ったが…、
親切で可愛いネーちゃんが「牛少し待ったほーがEー鴨…」
と言うので 「待つ!」と言っちゃったが…、牛待てない!

auよ!
1ヶ月以内に、IGZOスマホの発売を明言しない場合は、鷲、
ほんと、ドコモにしちゃうからな!
つの。
IGZO from SB
2013/03/18(月) 「室内除染機」 (5)
きのこ姐のブログに、「工作員」がウジ虫みたいにワイて…、
「飯山は金儲けでやってる」だの何だのと、五月蝿いらしい。
きのこ姐は「ばかじゃね?」と書いてるが…、バカだ罠。(爆)

鷲にとっては、シャープの空気清浄機を売って得る利益など、
底値で買ったシャープ株の値上り益の何十分の一、ノミの糞
みたいなもんだ、なーんて言っちゃ、お客に悪いがー。(爆)

鷲が言いたいことは、シャープの空気清浄機は、放射能にも
健康のためにも効果抜群だから、みんなで売っていきましょ!
鼠ことだ。

シャープの空気清浄機を売ることは、
(1) お客の健康のため!
(2) 民族企業・シャープの復活のため!
(3) 売り手も多少の利益が得られ、
(4) きのこやネットゲリラや鷲も多少は儲かり、
(5) 岡田のイオンを儲けさせなくてすむし、
(6) なにより、日本人生き残り作戦の仲間が増える!
この1石6鳥の『16(イチロー)作戦』、鷲は多くの同志に参加を
呼びかけ、国民運動にしよーと思っている。

実際は、数十万人がシャープの空気清浄機を買い、自己防衛
を始めているので、すでに国民運動になってる。

で、鷲のネライは、じつは、もうひとつあって…、
親切に、心をこめて、モノを売る! これを副業でヤッていくこと
は、素晴らしい自己鍛錬になり、自立して自力で生きていける
たくましい人間に生まれ変われる鴨! ということ。

今後…、
日本は、放射能・TPP・増税・戦争・監視・弾圧・皆殺し国家に
変貌し、日々悪化してゆく…。

牛ー国家・政府には一切たよれない時代の到来に、鷲たちは
自己防衛しながら、何とか知恵をしぼり、同志を増やし、助け
あえる者同士が助けあいながら生き抜いていくしかない!

その第一歩が1石6鳥の『16(イチロー)作戦』なのだ。
これを「金儲け」とほざくなら、ほざけ!
そして、堂々と言ってやれ。
「貧乏人! やっかむな! 我々の金儲けのドコが悪い?!」 と。
\(^o^)/
室内除染機
2013/03/17(日)2 「室内除染機」 (4)
(すべから)く商売は客のために尽くすべし。
お客あってこそ! 商売=ビジネスは成り立つからだ。
すべては客のために! という精神を忘れなければ、商売は
必ず成功する!

あと…、
どんなにEー商品でも、「Eーよ! Eーよ!」では、客が引く。
そーゆーワケなので商品の説明より、先ず客の話を聞くこと
が商売には必要だ。飯山一郎みたいにベラベラとシャベって
ばかり蛇ダメだかんね!(爆)

さて、ここで突然だが…、販売目標を告知する!
今後1ヶ月の販売目標! 1台。
これはどーゆーことか?

先ずは1台を、何としても売ってみる! とゆーことだ。
友人、親戚、同僚、仲間、近所の顔見知り、友人の友人…、
だれでもEー、とにかくアタックしてみることだ。
その際、ゴリ押しや、押し付け売りは絶対しないで、何気なく
さりげな~く、話をシャープの空気清浄機に振っていく…。

その話題だが、関東では放射能の話は出さないほーがEー。
「中国から飛んでくるPM2・5が心配よねー」
なーんてゆーシトがいたら、
「アレは放射能から目をそらせるための偽装工作なの!」
などと本当のことを言わないで…、
「うちは空気清浄機を買ったのでバッチリよ!」
と、サラリと流す。

「空気清浄機の話、最近よく聞くけど、どこのがEーの?」
ときたら、牛こっちのもんだ。

「シャープのヤツが一番だと思うけど、問題は値段よねー」
と言い…、
「量販店だと5万円もするけど、ネットだと2万円前後なのよ!」
へーーッ! とテキが驚いたら…、
「飯山一郎というお爺ちゃんのネットショップが一番らしいわ!」
とタタミかけ…、
「あたしが代わりに注文してあげてもEーけどぉ」
と話の流れをつくっていく。

とにかく先ず1台! 売ってみっかなー、と思って猪。>皆の衆
売れなくてもともとなんだし、もし万一売れれば、お客はセキが
止まったなどと必ず報告してくれる。

シャープの空気清浄機を売ることは…、

   (1) お客の健康のため!
   (2) 民族企業・シャープの復活のため!
   (3) あなたも多少の利益が得られ、
   (4) きのこやネットゲリラや鷲が喜び、
   (5) 岡田のイオンを儲けさせなくてすむし、
   (6) なにより、日本人生き残り作戦の仲間が増える!

この1石6鳥の『16(イチロー)作戦』に是非あなたも参加して寝!
2013/03/17(日) 「室内除染機」 (3)
ズバリ! 鷲が皆の衆に言いたいのは、副業の勧めでR。
「本業」のほかに、サイドビジネスを見つけ、これを実行して
たくましく生きていくことでR。

この世で鷲たちは、必ず何かを売って生きている。
そーである以上、売るものは多いほーがEー。
本業のほかに副業(サイドビジネス)を開業すれば、売るもの
が増える。これが売れれば張り合いがでる。利潤がうまれる。

売るものによっては、客に感謝される場合だってある。
感謝される商品! その筆頭は、シャープの空気清浄機だ。

鷲のばやい、空気清浄機は、最初は家電量販店で買った。
4~5万円台のヤツを4台も買ってしまって…、ふと、ネットで
アマゾンをみたら…、1万円台のモノがあるではないか!

1~2万円台なら、大々的に売れる! 売ってみるべー! と、
一念発起して開業したのが “シャープ飯山店”だった。

寝室の線量が下がった!安心して眠れる。ありがとう! と、
沢山の客に礼を言われた。「商人冥利」に尽きる!ww
1台売って600円~1000円の利潤でも、売り甲斐があった。

この客に感謝されるよーな商売(副業)を、皆の衆にもやって
もらいたいのだよ、鷲は。
どーやるか?

先ず…、
モノを売るには仕入れが必要だし、仕入れ価格が重要だ。
シャープの空気清浄機は、ネットで買うのが安い。 だから…、
きのこ姐さんや、ネットゲリラや、鷲のサイトで仕入れる、と。
で、これに1500円前後の「手数料+利潤」をのせる! と。

おっと! 仕入れる前に、客を見つけて注文をとっておくこと。
客がいないのに商品を仕入れるのは、トヨタのカンバン方式
に違反するからなwww

じゃあ、どーやって客を見つけるのがEーのか?
それは次稿で詳説したい。

2013/03/16(土)2 「室内除染機」 (2)
ヒトは、必ず何かを売って生きている。
商人はモノを売り、教授や教師はEー加減な知識を切り売り、
主婦は家事労働と性を旦那に売り(ホカの旦那に売るシトもいる)
子供は“可愛さ”を売り、サラリーマンは自分の時間と身体を
会社に捧げ、対価にサラリー(カネ)をもらう…。

ヒトは生きるため鼠か、カネをもらうために必ず何かを売って
生きている。これが貨幣経済社会の宿命なのだ。

何を売るにしても、ヒトのためになる! そういうモノを売る時、
売るほーは生きがいを感じ、客は満足し、時には感謝される。

この感謝される商品として、室内除染機シャープの空気清浄機
は、いまの日本では、ナンバーワン!鼠ことだ。

なにしろ、人間が住む部屋には、ホコリやウイルスが多量に
ただよっていて、さらに、東電福島からの放射性物質が舞い
飛んできて、室内にも侵入していて…、これが最も致命的な
内部被曝の原因!(これを日本人は2年以上もの間吸い続けてきた!)

シャープの空気清浄機は、室内にただようホコリ、ウイルス、
放射性物質を見事に捕獲・捕集してくれる命の恩人だ。
鼠か…、ホコリやウイルスが皆無になって、マイナスイオンが
舞う室内は清澄な森にいる噴霧器。 (乳酸菌噴霧でさらに快適!)
これで心配が消え、安心と安全が深い眠りをさそうのだ…。

だっから、みんな、みんなもシャープの空気清浄機を友人や
親戚や、仲間たちにすすめてみるとEー。
すすめるだけでなく、売る! とEー。

その推奨のしかた、売り方については、次稿で詳説する。
2013/03/16(土) 「室内除染機」 (1)
シャープの空気清浄機を「室内除染機」とズバリ書いたのは、
鷲の盟友・ネットゲリラだ。
ネットゲリラは、きのこ女史や鷲と一緒にシャープの経営危機
を救いたくて、また、「室内除染用」のツールとして空気清浄機
を広めたくて、ネットを使って大宣伝をしてきた仲間=盟友だ。
その彼が、「室内除染機」という言葉を使って、鷲が主張する
『放射能ゼロ空間』の運動に大なるエールを送ってくれた…。
そのエールの言葉は↓こうだ。
日本人には、古来より「穢れ」という概念がありまして、
いくら科学だ、御用学者だと言っても、「穢れ」という概念
に勝てるモノはありません。
原発は、その穢れの象徴になってしまった。
こうなったらせめて、部屋の中だけでも除染して清浄の地
をトリモロスしかない。
というわけで、はい、今日はシャープの「室内除染機」の
ご紹介です。
原発用に開発されたヘパフィルターで、室内の放射性物質
を除去し、放射脳からアナタを守ります! (記事)
そういうことだ。ネットゲリラの言うとおりだ。
この「室内除染機」という言葉をズバリ使ったネットゲリラは、
えらい! 鼠ことだ。
室内除染機
2013/03/15(金)2 国民総ブタ化を目論む公務員もブタだった!

食べ放題店で5kg超、リュックに隠した県職員
 食べ放題店の料理を無断で持ち帰ろうとしたとして、兵庫県は14日、人事委員会事務局総務課付の男性職員(43)を停職3か月の懲戒処分とした。

 発表によると、職員は同局職員課員だった2月10日正午頃、同県加古川市内のビュッフェ形式の飲食店で、持ち帰る場合は1グラムあたり1円を支払う必要があるのに、ピザやケーキなどをポリ袋に詰め、リュックに隠して持ち帰ろうとした。

 店員に見つかり、袋の中身計5キロ超の代金5180円を精算。加古川署の事情聴取も受けた。

 「食べることが好きで、帰って食べようと思った。浅はかだった」と反省しているという。

(2013年3月14日20時34分 読売新聞)
兵庫県といえばきのこ女史の地元だが、食い意地はってる
シトが多いのか猫。
きのこ女史のブログも4割近くは食い物がらみだし…。(爆)

しかし、ま、お前らは豚か?! と言いたくなるほど食い意地
まる出しの餓鬼になっているのは、テレビ局でR。
連日、朝から晩まで、アレが美味い!ココが美味い!コレは
まいう~! と、タレント総ブタ化バラエティの様相。

これは、しかし、テレビ局が養豚場になった!鼠ことではなく、
国民の目を料理番組に引き寄せて、食欲を増進させ、大食・
飽食に追い込み、ストレスを解消させながら、養豚場国家を
つくろう!という豚(トン)でもない策略なのでR。

人間は、ストレスが亢進するとバカ食いをしてストレスを解消
しよーとするが、人間はバカ食いすると、ほんと、バカになる。
これは、消化と吸収のために、大半の血液が胃腸に送られ、
脳には行かなくなるからでR。

「バカの大食い!」(きのこ姐さんはヤセの大食い)とゆーが、じつは、
人間は大食いするからバカになるのでR!
テレビ局は、国民を大食いに追い込んで、ブタ化(=バカ化)と、
あと、内部被曝化をねらっているのでR。
だから、テレビは一切みるなよ!>皆の衆

2013/03/15(金) 五十股を自力で快癒させた自信!
「病気の99%は、自然治癒力(=免疫力)でなおる!」
だから…、
「病気は自力でなおす!という根性をもて。>皆の衆」
と鷲は言った。

「いや! やはり病気はお医者さんに治してもらうべきだ!」
と思うシトは病院へ行けばEー。それだけの話だ。
ヒトは、自分の常識と、自分の経験と、自分の考え方のなか
でしか生きられないのだから…。

鷲は「病気は自力でなおす!」という考えをもっているので、
この3日間、悪戦苦闘したが…、自力で五十股を治した!

鷲は、痛みに耐えつつ風呂の中で運動し、汗みどろになった。
乳酸菌風呂につかり、痛みをこらえ、股を開いたり、閉じたり、
回したり、徹底的に股関節を動かした。

だいたい、五十肩、五十股などの関節炎は…、
痛いから動かさない、動かさないから血流が滞留し、老廃物
が散っていかない…。この悪循環なのだ。
だから、(身体を温めてから)無理しても動かす!というのが
鷲の治療法だ。この治療法は、今回も功を奏した!

病気を自力でなおした!」という今回の結果と実績により、
鷲の心のなかには、新しい気概と勇壮なる自信が生まれた。
この自信は、自力本願のたくましい人生につながる。
病院通いの他力本願では、絶対にこーはならない!

ご心配をおかけしました!>皆の衆
そして、沢山の励まし、ご助言、ご忠告、お見舞いの数々…、
鷲は、どー言って感謝したらEーのか? 言葉がありません。
だから、言いません。(爆)

【参考文献】 『脱病院化社会』(イヴァン・イリッチ著 晶文社)
2013/03/14(木)2 怒られ上手入門
79才。鷲より10才以上も年上の爺ちゃんに鷲は怒られた。
なんでも…、
爺ちゃんの留守中に孫娘が来てメモを残していったんだと。
で、そのメモには↓こんなことが書いてあったんだと。
お爺ちゃんの薬は副作用が強い鼠コトなので、
牛飲まないほーがEー鴨。お酒もやめて猪!
「この乱れた日本語は、飯山さん、あんたが広めてるのか?」
と79才の爺ちゃんは静かに怒っている…。
「は!ほんとーに軽率でした!御免なさい!反省します!」
鷲は先ず即座にあやまった。

それでも爺ちゃんは…、
「何ですか?! 鼠だの、牛だの、鴨だの、猪ってのは?!」
と、まだ怒っている。
言うだけ言わせてから、鷲は…、
「あのー、鼠という漢字がチャンと書いてあるんですかぁ?」
と質問すると…、「あー、チャンと書いてある!」という。

鷲はいたく感心した声で…、
「わたしは生まれてこのかた、鼠という漢字は書いたことが
ないのですがぁー、あなたは書いたことがありますか?」
と質問すると、
「ない! 鼠なんてゆー難しい漢字は書けない!」
と言う。
そこで鷲は爺ちゃんの孫娘を褒めちぎった。
「いやー!あなたのお孫さん、大したもんです!天才です!」

ところで…、
鷲の“世渡りの知恵”なんだが…、
・ ほめられれば、ヒトの心は軟化して嬉しがる…。
・ なにげーに話題を変えていけば、モメなくてすむ…。
・ 日本人は、チャンと謝れば必ず勘弁してくれる…。
・ 言うだけ言うと、ヒトの心はしずまってくる…。
上の四つの“知恵”で、鷲は、79才の爺ちゃんの心を静めた
鼠話。
2013/03/14(木) 悪魔の算術は制度化されている
「飯山は医者と製薬会社を敵に回す気か? 殺されるぞ!」
こう“警告”してくれる仲間が3人もいた。鷲は…、
「311以降、オレは鬼になった。殺されるぅ? 上等だ!」
と答え、呵々大笑した。

鷲、命が惜しければ、文章など書かないで家で寝てる
そだ!書いたついでに、牛少し真実を暴露しちゃうか猫。
書いちゃいけない!鼠ことになってるらCーがのー。

さて…、
日本の医療のカネ勘定は、じつは、↓こーなってる。

まず…、
医者鼠のは、患者がくると、「症状」を訊き、検査をする。
で、「病名」がつけられる。
その「病名」は、患者の「症状」がそのまま「病名」になる
高血圧の患者は「高血圧症」。糖が尿に出るから「糖尿病」。
肺にガンができてると「肺癌」。盲腸の炎症は「虫垂炎」。

「病状・症状」をそのまま「病名」にする「医学」。これを支える
のは「科学(サイエンス)」ではない。ふんぞりかえった権威だ。

医者が病名をつけるとき…、
病気や病状(症状)の原因は、医者は一切考えない。
症状を特定して「病名」をつけることだけを、ひたすら考える。

で、次は、その症状をおさえるクスリや処置法を決める。
そのクスリや処置の方法は、すべて決められていて、医者に
は選択の自由はない。
自由勝手にクスリを処方すると、健康保険に請求書(レセプト)
を出しても、規約違反と言われ、カネがもらえないのだ。
そーゆー構造、そーゆー医療制度なのだ。

こうして医者は…、
高額のレセプトがOK!になる「病名」と「検査と薬と処置法」
の組み合わせだけを考える。
このとき患者に、「薬は安いジェネリック薬を使ってください」
などと言われると、医者はガックリきてしまう。(爆)

とうぜん、医者が処方する薬や医療行為は、「症状」をおさえ
る対象療法だけになる。
病気の原因をさぐり、それを治す!なんてゆー医療は、皆無。
だから、病気なんて治らない。症状がおさえられるだけ。
症状がおさえられれば、患者は楽になるけどね。

で、最もおそろCーのは、ガンの「治療」だ。
癌になった原因は、全く一切考えず、癌という症状だけを取り
除くべく、ひたすら切りまくり(切除)、癌細胞を抗癌剤で叩き、
放射線を当てる。これでは癌や腫瘍が多少は小さくなっても、
患者の免疫力が落ちて、身体がまいってしまう罠!

以上が、日本の医療システム、病院システムの実態だ。
クランケ(患者)の「病状・症状」によって「病名」が決まり、これ
カネ利権がバッチリくっついている、とゆー実態。

どー?
これでも、あーたは、病気を治してもらうために病院へ行く?
2013/03/13(水)2 合法的殺人が蔓延する国家
一昨夜、鷲は眠れず…、やおら外に出て暗い道を駆けた。
「Sさん、悪かったな。もっと早く連絡をするべきだった…」 と
くやみつつ、鷲は夜道を走りまわった。

Sさんは土木建築のプロで、鷲の相談役だった。
が、土木関係の相談事がないので久しく連絡しなかった…。

3ヶ月ほど前、Sさんは下痢をしたので病院へ行ったそうだ。
そーしたら医者が「悪性の大腸ガンだ!早期手術が必要!」
というので、大急ぎで手術を受けた、と。
結果は悪性ではなかったが、人工肛門になってしまった…。

どーみても健康そうなSさんは、実際に頑健で、少なくとも癌
になるよーな体質ではなかったし…、ガンではなかった!

いま、こういう事例が激増している。
つまり、医者が患者を強引にガンにしてしまうのだ。
これすべて、カネと実績と論文データ収集のためなのだ。
子宮を切除しまくった富士見産婦人科病院事件の全国拡散
である。

この2年間、「ガンだと宣告されたが…」という相談が20件も
あって、鷲は、まいっていた…。
そして、人工肛門つけられて働けなくなったSさんのの話。

「医は仁術」どころではない!
いま、日本の医療は「悪魔の算術」になっている!

いいか!
ガンでもないのにガン宣告をする医者が増えているぞ。
もしガンだと言われたら、牛その病院には絶対に行くな!
「早期発見・早期治療」などと言う医者は、殺人者だと思え!

病気の99%は、自然治癒力(=免疫力)でなおる!
だから、病気は自力でなおす!という根性をもて。>皆の衆
2013/03/13(水) 病気を自力でなおす根性
この5~6日、『麻の実』をご飯にふりかけて食べ続けたら…、
何か足りないミネラル分(たぶん銅と亜鉛と鉄)が補給されたのか、
気分的にも爽快になって、元気モリモリ。

調子にのって快速ジョギングしたら、枯れ木の枝につまずき、
足首を捻挫。…痛いので、じーっと動かず横になっていたら、
左足の付け根=股の部分に痛みが移って左足が動かない。
動かないからツエをついて歩いているが、股が動かない…。

鷲、昨年は五十肩になったが、今回のコレは五十股だな。
それにしても、股=左足の付け根=股関節の痛み、何とか
せにゃならん。

とはいえ、鷲は、病院には行かない! 医者に鎮痛剤を処方
してもらえば痛みは引く。楽になる。これは、しかし、一時的
な対症療法で、後日、さらに悪化したリバウンドがくる。 で、
また病院にいく。クスリをもらう…。このくりかえしで、やがて
慢性化…。 このリスクは大きい。

だから、鷲は、今回の五十股も自力でなおすつもりだ。
放射能時代は、誰も彼も免疫が落ちて、病気にかかりやすく
なる。病気になったからといって、放射能時代は、病院に行く
と、逆に病気は悪化する。

現代医学は、放射線障害に対処する臨床技術が皆無だから、
症状をおさえるだけの治療しかしてくれない。
さらに最近は、強引にガンの宣告をして…、(ハッキリ言う!)
ガンではないのに、手術、抗癌剤、放射線照射などを無理やり
ヤッて…、患者を最後には殺してしまう。これが現代医学だ!

この30年間で医者の数は倍に増えた。
病気を治す医者が倍になったのだから、病人は半分になるの
が当然なのだが、患者の数は3倍になり、医療費は4倍!
これって…、病気ってのは、病院で、医者がつくる! つーこと
だ罠。

おっと、こーしちゃいられない!
これから熱い乳酸菌風呂に入って、股を温め、痛くても我慢し
て、ゆっくりと股を動かしてみる。
動かせば血行が良くなって…、痛みの原因物質=酸化物や
老廃物が散ってゆく。これを時間をかけて続けてみる…。
ほん蛇、股寝!
2013/03/12(火) フセイン、カダフィ。次は誰?
世界史をつらぬく大原則がある。
どんな原則なのか?
弱肉強食の法則でR。これは生物界の大法則でもR。

強い者が弱い者から徹底的に搾り取る!
弱い者の命を徹底的に喰い尽くす! まさに弱肉強食である。

さらにもう一つ…、
近代以降の世界史の法則をあげねばならない。
それは…、
西欧列強が、アフリカ・アジア・ユーラシア・南米・北米・印度
などから徹底的に搾取してきたことである。

ようするに…、
白人が、黒人と黄人から搾取しまくった! という構図だ。
白人支配の凄まじさは、まさに地獄絵図である。

  アフリカは虐殺と戦争で不毛の大地になってしまい…、
  アメリカ・インディアンは絶滅寸前まで追い込まれ…、
  中国は街中にアヘン中毒患者が溢れ…、国家解体。
  日本などは、国中に50基以上の原発をつくられてしまい、
  その原発が大爆発して放射能を撒き散らしても、放置。
  反抗すると、イラクのフセインやリビアのカダフィのように
  抹殺される。豊かだった国は戦乱で疲弊のドン底。

白人という強者による弱肉強食。搾取と抹殺と戦争!これが
近代以降の世界史だった。

もっと簡単に言えば…、
有色人種が搾取され、殺される歴史!
これが近代から現代に続く歴史の真相なのである。

「茶番」とか、「なれあい」とか、「なぁなぁの出来レース」など
では決してない!殺すか殺されるかの“必死”の戦いなのだ。

その殺し方にも、明確な法則がある。
「悪人に仕立てあげ、その悪人を“正義”が征伐する!」という
イメージ作戦を大々的に行ってから殺す!という法則である。

イラクのフセインは、「大量殺戮兵器」で悪人に仕立て上げられ、
豊かな国だったリビアは、カダフィが「ヒドイ独裁者」だとされ…、
「悪人を追放しろ!」という“正義の国際世論”に後押しされ…、
結局は、抹殺された。

で、次の「抹殺の国際舞台」は、いったい、どこなのか?
北朝鮮だ! と、白人たちは国連を巧妙・狡猾に動かして…、
そー決めたよーだ。

金正恩! 殺されるなよ! 最後まで戦え!
横田めぐみは金正恩のおかん
2013/03/11(月)2 弱冠30才が全世界を敵に回して闘う劇場
金正恩
金正恩は7日、大胆にも韓国領・延坪島から10キロメートルしか離れていない島の
防御隊を訪問、兵士に囲まれている。このあと、金正恩は長在島と茂島も訪問した。
国連で全会一致で採決された北朝鮮制裁策は、過去に例が
ない厳しさだ。

人、物資、資金の流れを徹底的に締め付ける内容で、これに
全世界の国連加盟国が法的に拘束され、北朝鮮関連の船の
貨物検査も義務づけられた。
ロシアと中国も、「必要で適切な対応」と国連決議に賛成した。

ようするに、全世界が北朝鮮を制裁する! と決めたのでR。
つまり、金正恩の北朝鮮は、全世界を敵に回したワケだ。

よってたかって全世界から制裁される北朝鮮。金正恩。

これに対し、北朝鮮の金正恩は、どー対応するのか?
全世界を敵に回して、わずか30才の青年に一体何ができる
というのか?!
はやくにあやまればすむものを…、と鷲は一瞬おもった。

ところがである。
金正恩は、全世界を敵に回し、徹底的にたたかう! と言って
のけたのでR。

いや、たたかうどころの騒ぎではない。 ワシントンとソウルを
火の海にする! と、金正恩は全世界をオドシたのでR。

そーして金正恩は、「北朝鮮軍は全面応戦の準備を整えた!」
とまで言い放ったのでR。↓こんな感じでR。
 金正恩氏は 「あらゆる部隊の将兵は『北朝鮮式全面戦争』の
すべての準備を整えた。もし敵が前線海域でわが国に挑発的
な行動を取れば、ただちに正義の祖国統一大進軍を発令する」
と述べた。
 また金正恩氏は 「前線部隊を含む陸軍、海軍、空軍・対空軍、
戦略ミサイル軍の将兵は『北朝鮮式全面戦争』を開始する一切
の準備を整えた」と強調した。 (Searchina News
とんでもない強気(つよき)、かぎりなく豪胆な強気でR。
それにしても…、
米・中・露・英・仏・独・日・印・韓、きりがない。とにかく全世界
を敵にして、金正恩の戦いは一体どんな展開になるのか?

この際、イラクのフセインや、リビアのカダフィのよーに、殺して
しまえ! と、米国の戦争屋軍団は平壌爆撃を謀略中だ。

いっぽう…、
米国戦争屋軍団との激突を厭わない金正恩の力量はどうか?

拙著、『横田めぐみさんと金正恩』には、金正恩が戦争と謀略
のプロ中のプロだ!と書いてある。 師匠は、世界一の謀略家、
呉克烈だ。戦術・戦略・謀略・胆力。二人とも韓国の孫子でR。

さぁ、30才の金正恩vs米国戦争屋軍団の決戦の時がきた!
これほどの名優は、『三国志』の諸葛孔明に匹敵する鴨。

合戦(戦争)の劇場化を知り抜いた金正恩は、いま、北朝鮮の
全土を駆け巡り、兵士・兵隊の士気を鼓舞して回っている…。
『横田めぐみさんと金正恩』
2013/03/11(月) 二年が過ぎて、三年目に入るヌッポン国
あの日から、きょうまでに2年という月日が流れた…。
あの日、日本という国はゾンビ(生ける死体)になった。
ゾンビだから、自分が死んでいる、終わっている、という意識
は、もちろん、ない。

ないどころか…、
一国の首都圏に大爆発した原子炉がムキ出しのままで放置
されて、放射能ダダ漏れ状態なのに、何もしない…。

国家としての総力をあげ、何百兆円かかろうとも、全力で取り
組めば、ソ連邦やウクライナのように何とかなるのに…、総力
を上げて取り組むのは、オリンピックの誘致だってさー。
ま、ゾンビだからシャーないけど…。

…とはいえ、実は、もっともっと恐ろしい、鷲たち国民にとって
致命的なことがある。
それは、ゾンビ・ヌッポンがジェノサイダー(民族抹殺の悪魔)でR!
ということだ。

 ガレキという放射性物質を全国に拡散するわ、汚染食品を
 食って福島を応援しろ!と強制するわ、食品の基準を上げ
 杉て、「日本人は放射性廃棄物を食っている!」と、世界中
 から言われるわ、火葬場が足りないほど人が死んでるのに
 近隣住民のセーにするわ…、国家政府が国民を抹殺する!
 てんだから、世界中が唖然とするのも無理はない。

しっかし、ヌッポンがこれほどヒドイ国だとは思わなかった
と思ってるヒトが、まぁ最低でも数百万人はいるとおもうが…、
感心するのは…、
みんな冷静に現実を直視し、耐えて、我慢して、怒らず、日々
着々と乳酸菌を培養したりして自己防衛に励んでいることだ。
えらい! たいしたもんだ! この国は、たぶん、復活する鴨!
と、ボケーッとおもう、きょう3.11の日の鷲。
2013/03/10(日)3 鷲は、チミたちバカ食い族とは違う!
東京煙霧
東京は「煙霧」で、一時は視界が2キロ未満となったとUー。
お先真っ暗な灰色で、北京よりヒドイ噴霧器蛇ないかな。
福島からの巻風で死の灰も舞っていることだろう。
シャープの空気清浄機を買ったヒトは、できるだけ長い時間、
部屋のなかに閉じこもっていよーね!

福島、放射線量1年半で半減 着実に減少と原子力機構
上は東京新聞の見出しだ。が、本当の危機を隠蔽し、ウソと
ダマシで安心させる!という常套手段だ罠。

天の配財、神の配慮』にも書いたが、強烈な偏西風と豪雨
と台風で洗い流され、あるいは、太平洋の彼方へスッ飛ばさ
れただけで、東電福島の大爆発した4基の原発は、いまだに
ダダ漏れ。

なによりかにより最大の問題は、この2年間、身体のなかに
吸い込んでしまった放射性物質による内部被曝。これを一体
どーしたらEーか? だ。

いま考えられるベストな対処法は、豆乳ヨーグルトで免疫力を
あげて、『放射能ゼロ空間』に避難すること。この二つだ。

おっと! もうひとつあった。
小食・粗食! これだ。 しかし、これが凡人には出来ない。
鷲は、チミたちバカ食い族とは違うから、出来た!
1年前に68kgもあった体重が、本日は56kg

鷲は今、すこぶる快調だ。鷲の長い人生で、今が最も健康だ。
ワハハハハハハハハ。くやしかったら、やってみな!(爆)

【注】 鷲は「雰囲気」という語感が嫌いなので、「噴霧器」と当て字にします。
   「東京煙霧」は、雰囲気ではなく噴霧器でしょう。(爆) …あしからず。
2013/03/10(日)2 『内之浦の魚屋さん』の注文サイト
「飯山センセ推薦の魚が食べられるなんて、うれしーー!」
と、ここまではEーんだが…、
「どこで注文したらEーのか? 分かりましぇ~ん!」
とゆー質問、鼠か苦情が多い。

ごめん!
『内之浦の魚屋さん』の注文サイトはココです!

「佐川急便の送料欄も別のサイトにあって見づらい!」 という
要望もあったので、見やすくするよーに言っておきました。

鷲は、『ぽんぽこ笑店』や姉妹店から一円たりともバックを取る
なんてことは一切してないので、ガンガン言える立場。 なので、
どんな要望でも鷲に言ってきて下さい。

ところで…、
放射能国家において、安全な食品とは何か?
それは、汚染食品が絶対に混ぜられない環境から仕入れる!
ということだ。

つまり、玄米、大豆、茶、肉…、どれも生産者から直接買う!と
いうこと。卸売市場からは買わない!ということだ。
魚は、漁師から直接買うか、その魚港の魚だけを加工している
業者から直接買う、ということだ。

この厳格な仕入れ基準を、鷲は、どの姉妹店にも厳格に守らせ
ている。そうして鷲の若い仲間には、真(まこと)の商売・ビジネス
の厳しさを学んでもらう…。

商売の厳しさと、ビジネスを通じて社会に貢献する意味を徹底
的に学んでいけば、そこに生きがいも生まれる…。
といった商売の哲学については稿を改めて書く所存。よろしく!
2013/03/10(日) 『内之浦の魚屋さん』 開店!
自慢じゃないが、いや、自慢なんだが…、鷲が関係するサイト
が、お陰様で大盛況である。

このサイト(『飯山一郎のHP』)のほか、『文殊菩薩(ブログ版)
里子のブログ』もアクセス激増である。 この二つのサイトは、
牛マスコミは洗脳機関にすぎない! これが真実だ! という
マスコミが報道しない情報を拡散する!という使命感だけで
頑張っている。

読売、朝日、毎日、産経、日経といった大マスコミに対抗して、
「我こそが真実の報道機関だ!」という意気込み! これって、
ドンキ・ホーテより大したもんだ罠! と自負してるワケ。(爆)

あと『ぽんぽこ笑店』と、その姉妹店が10店舗以上。
これらのネットショップは、放射能ゼロの安全な食品を自信を
もって販売するというポリシーを厳守しています。

玄米、大豆、甘藷水飴、水、大豆丸ごと豆乳、野菜、肉、茶。
アッ! 今回、『内之浦の魚屋さん』を開店しました!

内之浦の魚屋さん』の店主は、26才の独身女性(美女)ですが、
不幸な事件があって打ちひしがれていた…。内之浦の漁師の
父親と一緒に相談にきたので、「放射能ゼロ!の内之浦の魚
を売るネットショップをやってくれ!人助けだ!人生変えろ!」
と強引に開店させた魚屋です。
どうか、どうぞ、贔屓にしてやって下さい!>皆の衆

それから…、
鷲が自慢したいのは、このサイトにある掲示板・『放知技』だ。
ここは、その活発さ、アクセス数、知的レベルの高さ、情報量、
とくに豆乳ヨーグルトや乳酸菌に関する知恵と技術の集積に
おいては、日本一! だとおもう。

とにかく素晴らしい書き手がそろっている。
「さすらいの旅人」氏、「養生法の探求」氏、「ロズウェル」氏らが
展開する議論は、知恵、いや、哲学の宝庫といってEー。
とくに最近は、「さすらいの旅人」氏が大量にアップする珠玉の
文章には大変な人気が集まっている。

「さすらいの旅人」とは、いったい如何なる人物なのか?という
質問が沢山くるが、鷲が訊きたいぐらいでR。(爆)
一度は会って、じっくり話をしてみたい人物であるのだが…
2013/03/09(土)2 長寿の秘密は麻の実
前稿で紹介した『麻の実』。これを鷲は放射能時代の重要な
主・副食と熟考したうえで紹介した。
主・副食とは一体どういうことか?

麻の実は主食にも副食にもなる!ということだ。
さらに、人間は麻の実だけでも充分に生きていける!

麻の実に含まれるミネラルは半端なものではない。
銅・鉄・亜鉛の含有量とバランスは、他に“比類”がない。

豆乳ヨーグルトに入れた麻の実を良~く噛んで食べる。
すると、ほとんど人が腹の中で凄まじい発酵現象が爆発する
のを実感する。これは腸のなかで豆乳ヨーグルトの乳酸菌が
爆発的に増殖するからだ。

この爆発的に増殖した乳酸菌は、脂肪とタンパク質とミネラル
の塊(かたまり)だ。これだけで栄養分は充分!人は生きられる!

実際に、麻の実とコーンスープだけで世界一の長寿を誇る
ムラが、中国南部の広西チワン族自治区巴馬にある。

一日30グラム程度の麻の実だけで生きていくヒトになりたい!
そういう思いを込めて、鷲は、麻の実を紹介したワケだ。

しかし、大麻の栽培は日本ではできない。
アメリカに強制された大麻取締法があるからだ。
これは日本人として何としても口惜しい!
ヤンキー!ゴーホーム! という叫びが日本中にこだまする
日はくるのだろうか?!

しかたがない。
とりあえず、鷲が紹介した麻の実をご飯に振りかけて、副食
として食べてみてください。
麻の実って、こんなに凄いのか?! と実感できるから…。
2013/03/09(土) 大麻は日本文化の中核をなす神聖な植物
トゥルシー』は、インドを代表する“比類なき”聖なる薬草だ。
では、この日本には、そーいった薬草はあるのか?
日本を代表するよーな“比類なき”聖なる薬草は…。

ある!
それは『トゥルシー』の比ではない。まさしく『神の薬草』だ。
それは、いったい、何か? どんな植物なのか?

『大麻草』である! 『大麻』とも『麻』とも言う。
大麻取締法で禁止された、あの「麻薬」である。
なぜ? どうして禁止されたのか?

日本人は縄文時代から日本中で大麻を育ててきた
大麻は、衣料・食料・薬・紙・燃料になり、穢れを祓う神聖なる
宗教儀式(大嘗祭・横綱の土俵入り・神社・祭り)には欠かせ
ない日本の文化の“核”にある「神の草」なのだ。

そこで日本を占領して属領にしたアメリカは考えた…。
『大麻』を禁止すれば、日本の文化は腐るよーに滅びていく、
そーして、アメリカ流の文化、エネルギー(石油・原発)、医療、
薬品、衣料(化学繊維)、宗教…、日本という国家社会の全て
の面で、アメリカナイズ(米国化)できる!
と。 そして、実際に…、
この国は、アメリカの考えたとーりの腑抜けになってしまった。
「麻生」という立派な姓を持ちながら「ボキャ貧」の総理大臣が
ひとつの証拠だ。 (笑)

しかし、諦めてはいけない!
大麻の復活で、日本は復興する!

鷲は大麻の産地である栃木の人間だが、若い頃は虚弱体質
で病気がちだった。
祖母に大麻の種を食わしてもらってから、見事に健康になった。
あれ以来、大麻の威力と神通力は、日本の宝だと思っている。

日本産ではないが、↓すんばらCー『麻の種』の食品がある。
麻の実

な~んか、鷲、↑ネットゲリラみたいになってきた猫。(爆)

2013/03/08(金) サプリ? 鷲は絶対に買わない!
サプリメントに関する質問が多いので、鷲は閉口している。
電話番号なんか公開するんじゃなかったY! とは、あまり
思わんが…、まぁ面倒くさいっちゃあ面倒くさい。 (笑)

きょうも、愚問の↓電話があったが…、
「放射能をデトックスするサプリ」な~んて、一瞬で詐欺!と
判断できなくちゃ、お金、騙し取られるだけ。
鼠ことなので、鷲はあらためて断言しておく。

すべてのサプリは、百害あって効能なしだ。 買うな!
とくに高額のサプリは詐欺商品にちかい。いや、詐欺だ!

東大が開発した「免疫力向上の薬」なんてのも高いだけ。
免疫力の向上には、自家製の豆乳ヨーグルトだけで充分!
とにかく、おカネを無駄につかわない! 鼠こと。

なにかを買って安心したい!鼠、浪費が好きなシトは、加工
されたサプリ蛇なく、自然の生薬に近いヤツがEーだろう。

鷲が推薦するとすれば…、
インドの伝統医学「アーユルヴェーダ」で、“比類なきもの”と
称される「トゥルシー」。『ハーブの女王』と言われる逸品だ。
トゥルシー
2013/03/07(木)2 夢にまでみる ご馳走の数々
鷲は志布志に戻った。
志布志は亜熱帯なので、菜の花が咲き乱れ、辛夷(こぶし)
木蓮(もくれん)の花が満開。太陽光線は初夏の輝きだ。

鷲は、大好きな日光浴をしながら、昼寝を楽しんだ。
そしたら、今回の旅行の“ご馳走攻め”が夢にまで現れた。

うまかったなー! あのヒラメの活き造り。でっかい伊勢海老
の味噌汁。真鶴沖でとれたイカの刺身。新鮮な牡蠣フライ…。

しかし…、
鷲はバカ蛇ないから、きのこみたいに大食いはしなかった。

すべてのご馳走を箸で小分けし、ほんの少しだけ口に入れて、
一品一品の料理を深~く噛みしめて、その素材の本来の味を
味わいながら、噛んで、噛んで、噛みまくって、口の中が唾液で
一杯になるまで噛んでから、神様と仏様に感謝しつつ、同時に、
クソ東電や原発ムラの悪魔たちを呪いながら…、呑みこんだ。

鷲は今回、ごはん(炭水化物)は、意識して食べなかった。
甲府の名物、「ほうとう」だけは、けっこう食べてしまったが…、
あとは小食と、逸品料理を心を込めて噛む! これに徹した。

お陰様で、先ほど体重を測ったら、56.5kg。出発前と同じ!
皆に小食を勧める鷲が、大食いバカ食いで太ってしまったら、
沽券(こけん)に関わり、信用がなくなる…、いや、鷲のプライドが
許さない!鼠こってす。はい。
2013/03/07(木) シャープ! 技術力で世界制覇だ!
昨夜、鷲はシャープ株の分析をした。
ちなみに鷲が毎日コツコツと買いているシャープ株の分析サイトの昨日
のアクセスは大量だった。株をやらないヒトも読んでくれるので嬉しい。
驚いたのは…、昨日のシャープ株の暴騰に大量のカラ売り
が増えたことだ。

ヤフー掲示板の書き込みや、証券会社の顧客係の話では、
 「シャープみたいな倒産寸前のボロ株は必ず下がる!」
という思い込み(錯覚の決めつけ)や、
 「ズルイ韓国のサムソンと組むようではシャープも終わりだ」
といった“嫌韓感情”でカラ売りをしたシトが多かった、と。

鷲の愛読書、相場の神様・本間宗久の本には…、

腹立ち売り、腹立ち買い、決してすべからず、慎むべし。
と書いてある。
相場に感情は禁物! と相場の神様は書き残してくれたのだ。

嫌韓や反中の感情も「腹立ち」である。
この感情は、個人的にも国家的にも悪い結果をもたらす。
とにかく、隣人や隣国を憎悪すると、ロクなことにはならない。

人生、人間関係、ビジネス、株、博打(バクチ)、みんな同じだが、
怒ったり、腹をたてたり、感情的になると必ず失敗する。
このことは鷲が人生を賭けて学んだことの最大の教訓なので、
若い衆には、若い今のうちから是非とも実践してもらいたい。

で、シャープだが、昨日の暴騰は、シャープは復活する! と、
市場が評価した結果だ。

世界最強の販売力をもつサムスンがシャープの技術に百億円も
出して、シャープの液晶を世界中に販売してくれる!鼠んだから、
こんなオイシイ話はない!
わずか3%の株主だから発言権はないし、まして技術流出なんて
あるわけない。

シャープのIGZO技術は サムソンごときが簡単に真似できるよー
な代物(しろもの)ではない。 レベルが違う!鼠の。
それにIGZOは、ガチガチの特許で守られている。

日本人の技術は、そんなヤワなものではない!
鷲のグルンバだって、韓・中・米…、ドイツも真似できない。(爆)

もっと誇りをもち、堂々と世界中に日本の技術を売っていこうぜ!
つの。
2013/03/06(水)2 タングステン水爆は、ユビキタス。
国連は北朝鮮をかつてない厳しさで制裁する! という。
貨物船舶を徹底的に検査し、核やミサイル開発に関する全て
の金融取引を凍結。北朝鮮関係者の国外強制退去も含めた
厳しい内容となっている。安保理は7日にも採択するという。

この北朝鮮制裁の大幅強化に、「北朝鮮の同志」である中国
は「賛成!」と態度を変えてしまった。
この背景には、いったい、どんな思惑があったのか?

ズバリ!言ってしまえば…、それは、「核の恐怖」である。
北朝鮮の「超小型水爆」を、中国も見過ごせなくなったのだ。

「胸に一物、手に荷物」。思うところあれば、一般貨物のように
どこへでも気楽に運べる超小型水爆…。これは恐い!

このユビキタス水爆を運ばせないように、今後は中国も米国と
一緒になって、船だけでなく航空機の「積荷」の徹底的な検査
を開始するだろう。

それにしても、世界中の国家から敵視され、世界中の国家を
敵にまわして一歩も引かない金正恩の北朝鮮!
ここまでツッパる青年、いや国って、ほんとスゲー! と、鷲は
おもう。

この事態を横田めぐみさんは、一体どー見てるんだろー?!
中朝国境の丹東市にいる金虎(GT)君に訊いてみるかな?
2013/03/06(水) 民族銘柄・シャープ、頑張れ!
昨日、ニューヨーク株式市場はダウ平均株価が過去最高値を
つけた。これでアメリカ経済は、またもやバブルの栄華に酔う
ことになる。

本日、シャープ株が暴騰している。
材料は、韓国サムソンがシャープに100億円を出資し、液晶
パネルを長期的に供給する業務提携を結ぶだろう鼠話。

きょうの株価暴騰(15%高)で、ハゲタカ外資とその手羽先は
売買損・追証・逆日歩の三重苦地獄をあじわうことになる。

シャープをクソ味噌に罵倒してきた例の男(HISの音田)なども
カラ売りをしていたらしいが…、今度は、韓国企業の下請けに
シャープが成り下がった…、鼠ヨタ話。(爆)

サムソンの100億出資は、「IGZOの長期供給をお願い」する
保証金ということ。
つまり、韓国サムソンの技術では「IGZO」がつくれなかった!
鼠こと。なんとも愉快で痛快で爽快な話ではないか!

おめでとう!シャープ! ほんと、Eかったね!
まだまだ、がんがん応援するからね!>シャープ
買って応援!シャープ」のお店、たのんまっせ!>皆の衆
シャープのヘアドライヤー
2013/03/05(火)2 『大気拡散予測』、見られます!

このサイトの『大気拡散予測』は、この2~3日間、見られま
せんでした。ほんとうに申し訳ありません。
原因は、改善されたスイス気象台のプログラムが反映されて
なかったためです。これを鷲は必死こいて直しました!

事故ったまま、いまだに大量の放射性物質を噴き上げている
東電福島の原発。その情報を国民に知らせない東電と政府。
仕方なく…、
スイスの気象会社の情報に頼らざるをえない鷲たち日本人。
まったく牛笑っちゃうよ。 あまりに悲しくて…。

ともかく日本列島の上空の強風が、東電福島の放射性物質
を、どこに運んでいくか? 毎日、必ず見ようね!
2013/03/05(火) 食べて、飲んで、語った…

昨夜は、真鶴(まなづる)の割烹旅館『まるなか』に投宿した。
ここにも沢山の友人が集まってくれて…、話が弾みに弾んで
一期一会の談義・歓談は深夜3時まで盛り上がった。

昔は戦場カメラマン、最近はアンコールワットの写真家として
有名な脇田恵暢氏の話芸は、カメラマンというより講釈師。
こんな話もしてくれたっけ…。↓
甲府名物の煮貝(アワビの煮物)は、静岡のアワビが山越え
で甲府、さらに安曇野の大町あたりまで運ばれた…。
その時、静岡弁も一緒に運ばれたので、いまでも安曇野には
静岡弁が残っている…。
つまり、山奥の安曇野に移り住んだ海人族(あまぞく)の安曇族
は、静岡から富士川づたいに長野へ入って行ったのだ! と
脇田恵暢さんは自信たっぷりに断定したのだ。

大海人皇子(天武天皇)は、安曇族の圧倒的な支持を受けて
壬申の乱に圧勝! 日本国を開国することになったワケだが、
海の民である安曇族が信濃の山奥に移住した経路は、いまも
諸説あって定説はない。

博多の「おきゅーと」という海草料理が「えご」となって安曇野
に残っている事実からすれば…、
安曇族は日本海側から長野に入って行った! というのが、
鷲の説なんだが、まぁEーや!と鷲は聞き役を楽しんだ。

そーだ! 新井信介さんのことが何度も話題になったっけ。
古代史の話は、やはり新井信介さんに訊くべきだろう、と。

なつかしいでしょ? 真鶴の『まるなか』。>新井信介さん
まるなか』では、こんな料理もでました。↓>新井信介さん

まるなか2 まるなか3
2013/03/04(月)2 同志が増える喜びをあじわう旅
甲府→八王子→町田→新松田→小田原と列車で移動しな
がら、鷲は、車窓から見える街々を凝視しつづけた。
何度も何回も見たことのある町並み…。仕事で住んだことの
ある新松田では、歩き慣れた街を歩いてみた…。

まったく何も変わってはいない。すべてが2年前と同じ。
懐かしさがあふれてくる。あの頃は良かった! という…。

風景も、街の景色も、人々の暮らしも、何もかも!すべてが
全く何もなかったかのような雰囲気…。目眩(めまい)がした。
いや、実際、まったく何もなかったのだろう…。まったく何も。

とはいえ、やはり、街は沈んでいた…。
活気や元気がなくなっている…。
街の全体が諦観でおおわれている…。

甲府から小田原まで、鷲が見てきた街々には、何百万人の
人々の暮らしがある。その背後には何千万人の人々が住む
関東平野が広がっている…。
その何千万人の人々は、逃げるに逃げられない…。
だから全てを諦めて、何も考えずに生きていくほかない…。

逃げるに逃げられない人々に、「逃げろ!」は酷だ、とおもう。
さらにまた、逃げるたって、どこに逃げればEーのか?
逃げた先で、どーやって暮らしを立てていったらEーのか?
下手に逃げ、逃げた先で生活ができなくなったら…、人生、
ボロボロになってしまう…。

2年近く前から、鷲はこの頁のトップに標語を掲げている。
放射能が降る街に住み,しぶとく生き残る知恵!
ほら! 一番上に書いてあるでしょ?
牛これしかないんだなー。知恵と工夫と助け合い!
でも、このこと、すんげー多くの仲間たちが分かってきたの
で、鷲、最近は、1年前みたいにカリカリすることは、ない。
(*^o^*)
2013/03/04(月) ソリューション・ビジネス
きょう鷲は甲府斐の国の中)を離れる。
4日間の甲府滞在は、豊かな個性と才能あふれる100人を
超えるファンに囲まれて仕合せだった。
こんなボケ爺さんを、なんで? どーして? あんなに個性的
な才能をもった魅力的な方々が慕ってくれるのか?

その理由をズバリ! と言うと、それは「元気」である。
鷲より「元気」のある人間は、そーそーはいない。
鷲の「元気」は、鷲の口演会に来たヒトなら即納得!できる
ことで、鷲、「元気」だけは掃いて捨てるほどある。(爆)
この「元気」を鷲から吸収しに来た!鼠ことなのだ。

「元気」以外、鷲には、何があるか? じつは何もないのだ。
すべてを「元気」で押し通す! 「元気」だけで生きている!
この珍獣的な珍しさが、いま、ウケている鼠ことなんだ罠w

ところで…、
鷲は昨日、甲府の仲間たちと「策略」を練っていた。
それは、鷲が昨年の夏に「発見」した5千トンの光合成細菌
を活用するビジネスについての計画だ。
その5000トン!という膨大な量の光合成細菌液は、肥料と
しても最高だが…、バルキング現象などで調子が悪くなった
汚水処理場を短時間で修復する凄い能力があるのだ。

静岡・山梨・長野・埼玉・東京にある汚水処理場なら、当面は
鷲に連絡してくれれば、短時間のうちにバルキングや悪臭を
解消して差し上げます! というソリューション・ビジネス。

あとで専門の会社を立ち上げるが、汚水処理が分かるヒトは
サイドビジネスで営業し、注文をとっったら鷲まで連絡。
…といった「商談」を、昨日は一日中やっていたワケ。

昨日の楽しい商談で、鷲は、益々元気になりました!
ハイ!
2013/03/03(日) 大盛リ上がりの口演会
甲府口演会
甲府での講演会は大盛況だった。
「講演会」というより「飯山一郎のファンの集い」という感じ…。
二次会も三次会も、大勢の「ファン」が鷲を取り囲んでくれた。
鷲は精一杯の「ファンサービス」をつとめた。 (笑)
鷲が元気をみなぎらせて舞台を歩きまわり、舞台から飛び降り
バカでかい声で歌まで歌ったもんだから、皆ビックリ!つーか、
あきれはてていたっけ。(爆)

それにしても鷲の「ファン」には、文字どおり凄い!という方が
沢山おられる。

紹介しきれないが、たとえば…、
『ふくいち周辺環境放射能モニタリングチーム』とか『ひまわり
プロジェクト南相馬』という民間団体がある。
彼らの仕事は、南相馬の精密・精緻な放射能モニタリングで、
政府や福島県が「帰れる!」と言っている被災地が、じつは、
「線量が高くて住める所ではない!帰れない!」ということを、
精密・精緻なデータで証明した!

そのブ厚いデータを見せてもらったが南相馬は「地獄の様相」
を呈している…。言葉が出ない。

鷲は二次会で『ひまわりプロジェクト』の方にマイクを渡した。
その方の朴訥(ぼくとつ)な話しぶりに、聴衆は、感動と恐怖を感
じていた…。

あと、ミニブタを飼っている方、乳酸菌を浴槽で培養する名人、
放射能を食ってしまう光合成細菌を5千トンも培養している方、
いろんな方々に鷲はマイクを渡し、しゃべってもらった。

三次会での交流、情報交換も有意義だったが、時間がないの
で省略。これからチョトまたヒトと会う…。
2013/03/02(土)2 「鷲」は世界を上から眺める…

鷲は、自分のことを「鷲、鷲」と書いている。
これはフザケているのではない。伊達や酔狂でもない。

以前、こんな説明をしたことがある。↓
今後、自分のことを指す一人称を「私」から、「鷲」とか
「蟻」に変える…。
たとえば、社会現象を語る場合…、
1.鷲が空から見る「鳥瞰図」(ちょうかんず)のように
   物事を語る場合は、「鷲」。
2.蟻が下から見る「虫瞰図」(ちゅうかんず)のように
   物事を語る場合は、「蟻」。
この「鷲」と「蟻」をE加減に使い分けるので、ご諒解を
願う次第。 (原文)
今までずぅーっと鷲は文章を、この「鷲」(鳥瞰図)の観点
から書いてきた。
これは、いわゆる「上から目線」ではない。

鳥瞰図を描くように、国際・国家社会の全体を上から眺め
て、その全体像を皆と一緒に共有する! という観点だ。

さらに鷲は…、
社会の全体像を見て知るだけでなく、「蟻」の視点で、我々
が、今の社会の中で、どーやって生きていったらEーのか?
その具体策、対処法を詳細に書いてきた。

乳酸菌や、『放射能ゼロ空間』や、シャープの空気清浄機や
サイクロン掃除機、はたまた、インフルエンザの対処法から
呼吸の仕方まで、具体策を提示してきた。

放射能は致命的であるが、「逃げろ!逃げろ!」は馬鹿でも
言える。そして逃げられない人たちには残酷な話だ。

だから鷲は『放射能ゼロ空間』をつくって、ソコに避難せよ!
と具体策を示してきたワケだ…。

きょう、鷲の講演会が甲府市の商工会議所で開かれる。
なんと!わざわざ沖縄や宮城や新潟や大阪から鷲の講演
を聴きに来る方がおられるそーだ。
な~んかプレッシャーを感じてしまうな~、これは。(爆)
でも、鷲は、ぐぁんばる! 老骨にムチ打って…。
2013/03/02(土)   耐放射能革命!
2月のアマゾン売上げ
新店(しんみせ)は流行る! というが、それにしてもモノ凄い
売上げでR。 ほんとうにありがとう!>皆の衆

昨年11月に『買って応援!シャープ』の運動を始めてから、
きのこと、ネットゲリラと、鷲の“シャープ3兄弟”が売った
シャープの家電製品は2500台を超えるん蛇ないかな。

空気清浄機の効能を知り、街の家電量販店で買い求めた
という人もそれこそ沢山いるので、全国で売れたシャープ
の家電製品は200万台以上!
中国でもバカ売れなので、総計500万台は売れたろう。

しっかし、ほんと、心強いのは、何百万という家庭の居間
や寝室にシャープの空気清浄機が必需品となって常備さ
れ、人々が本気で自己防衛を始めた! ということだ。

プラス!乳酸菌ギトギトの豆乳ヨーグルトと、少食・粗食で
免疫力を大幅にアップさせ、体質と精神(心身)を徹底的
に改造した『新日本人(NJ)』=『耐放射能人間』が生まれ
てくるので…、これは、まさしく本物の「革命」だと思う。

本物だというのは、表面的な政治の制度が変わるだけの
「革命」ではなく、全く新しい心身をもった人間が発生して、
その国家社会を根底的に変えていく“革命の時代”がすぐ
そこまで来ている!鼠ことだ。

「産業革命」は蒸気機関で進行したが、「耐放射能革命」
は乳酸菌とシャープの家電製品が進行させる!鼠ことだ。

だっから、ぐあんばろーぜ!>皆の衆、いや同志の諸君。
2013/03/01(金)3 浩宮退位のデマを流す勢力
羽田に着いたとたん、
「浩宮が退位を言い出したという噂が出ているが…、」
という質問が何件かあった。愚問でR。馬鹿馬鹿Cー。
いつぞや元妾のデビ婆さんを煽った勢力の仕業かな?

東宮は先月の誕生日会見で、「今上陛下との連繋」を強調
されたばかり。
かつ、「放射能」にも言及されるなど、後醍醐帝か孝明帝を
彷彿とさせる御容貌で、並々ならぬ覇気がおありだ。

それに、病後で御高齢で国事行為でお疲れの今上陛下に
代わり、皇室祭祀は東宮と雅子妃殿下が実質的に御担当
されている…。

日本国に戦争と災厄と社会的混乱をもたらす勢力の暗躍に
惑わされてはいけない!

(追記:きょうの騒ぎのネタ元は、週刊文春のヨタ記事みたいだな。)
2013/03/01(金)2 空港は線量が高い

鹿児島空港の「ラウンジ菜の花」でフライトの時間待ち。
なにげに「エステー化学のエアカウンター」で測ったら…、
0.19μSv/h。掃除が行き届いているラウンジなのに…。

エアカウンター。四千円以下で買える。これで充分。
放射能なんて、正確無比に計測する必要なんてない。
最大の問題は、体内に入ってしまった放射能なんだから。
2013/03/01(金) 後悔先にたたず
大切なことを書く。
それは…、
いま、我々が最も注意しなければならないことは何か?
ということだ。

それは…、
この2年間! 誰もが、放射性物質を、吸って、食べて、
内部被曝者になってしまっている!

という事実だ。とりかえしがつかない深刻な事実。
この事実を深く認識し、最大限の注意を払わねばならない!
ということだ。

注意しろ!と言われても、今は何ともないし、これからだって
大したことはないだろう。…こう思っている人が大半だ。

今は何とも無い! これが放射能の恐さだ。
吸って、食べて、体内に取り込まれた超微粒子の死の灰が
凶悪な放射線を出し続けて、DNAを破壊! やがて、ガンや
免疫不全症にかかり、軽い風邪なのに肺炎になり、死ぬ…。
つまり、内部被曝は致命傷である! ということ。

でも大丈夫!
免疫力を高める生活を続けていけば、大丈夫!

そのためには、乳酸菌密度がだんとつに高いアレ…。
アレを毎日せっせとつくり、食べていれば大丈夫!

おっと! 鷲、牛でかけねばならない。鹿児島空港まで。
明日は、甲府の商工会議所で講演会。
鷲の講演=口演は、午後3時頃からかな?
くわしくは下のポスター見て猪~台。

3月2日甲府講演会
『ミ☆ 想夜念 ☆彡』 『ソフトバンクを分析』 『株の明日を読む』 『ゲストブック』 『掲示板』 以前のコラム △この頁のTOPへ

焼酎カスが豚のエサに!  グルンバ活用の現場から  ソウル近郊でヤーコン栽培  乳酸菌で悪臭解消
済州島の乳酸菌培養工場  悪臭が消えた!済州島NEW 農業を救う技術  『せせらぎプール』で汚水処理
.
おやすみなさい

いかに永く生きたかではなく いかに良く生きたかが問題だ.(セネカ)
☆GRNBA☆

 ▲TOP  ct inserted by FC2 system